卒業生のお仕事紹介

あこがれの医療業界で働く卒業生を紹介

今の自分があるのは、クラスの仲間と先生のおかげ

「宇都宮セントラルクリニック」に就職

小林 玖未さん

(栃木県立壬生高等学校出身)

ケガや病気で困っている人の役に立ちたいと思い、医療事務員を目指しました。学校では、社会人としてのマナーを徹底して習得。挨拶や身だしなみ、敬語、立ち居振る舞いなど、今の自分が自然と出来る理由は学生時代に少しずつ身につけたからだと思います。また、クラスがとにかく明るくて、嫌いな勉強でもこの楽しい雰囲気で乗り越えられました。

医療秘書科

患者様からの 「ありがとう」 が仕事の励みになっています

「医療法人 土屋小児病院」に就職

関口 知実さん

(群馬県立館林商工高等学校出身)

医療事務の仕事にやりがいを感じるのは、患者様から笑顔で「ありがとう」と言われた時。これからもっと自分ができることを増やして、バリバリ働きたいです。社会人になると自由な時間が限られるので、学生のうちにたくさん勉強して、いろいろな経験を積んで、充実した楽しい学生生活を送ってほしいなと思います。

医療秘書科

医療の身近な相談役としてお客様の心に寄り添いたい

「ライオン薬局」に就職

廣田 香さん

(栃木県立鹿沼商工高等学校出身)

調剤薬局事務として、多くのお客様のお手伝いができるやりがいを実感しています。先日はたくさんの薬を処方された患者様が、飲み忘れや間違いでお困りだったため、悩みを伺って薬剤師と一緒に飲みやすいように調整し、とても喜んでいただきました。三幸学園で医療人としての思いやりと気配りを学び、こうして成長できたことに感謝しています。

医療秘書科

専門学校での学びや経験が、仕事の現場で大きな強みに!

「医療法人社団 愛友会 上尾中央総合病院」に就職

田中 愛子さん

(再進学者)

初めは大学で法律を学んでいましたが、医療事務の仕事に魅力を感じ、資格取得のために専門学校に再入学。希望していた大きい病院への就職も実現し、現在は医療事務として受付を担当しています。学生時代、私はクラスメイトよりも年齢が少し上でしたが、すぐに打ち解けて仲良しになりました。みんなで団結した行事もいい思い出です。

医療秘書科

人の役に立てる仕事だから、やりがいも実感できる

「IMSグループ 医療法人財団明理会 春日部中央総合病院」に就職

渡辺 彩奈さん

(埼玉県私立春日部共栄高等学校出身)

本校の医療事務科を選んだ理由は、1年間で資格がたくさん取れて、実践的な勉強もできるから。楽しい学校行事も息抜きになり、充実した学生生活を送れました。現在は医療事務員として、総合受付や健康診断の受付、診療料の会計入力などを担当。患者様から感謝されることも多く、やりがいを感じています。

医療事務科

患者様に頼られる存在として、いつも笑顔あふれる医療人でありたい。

「大原眼科」に就職

臺 千明さん

(埼玉県立羽生第一高等学校出身)

私は小さい頃から目が悪く、眼科に通う機会が多かったこともあり、就職は眼科にと決めていました。希望通りに就職できた今、私は診療補助と受付の仕事に携わっています。職場には、学校の先輩がいるのですが、とても仕事のできる方なので、その先輩のように、後輩からも患者様からも頼られる存在になるのが目標です。

医療事務科

1年間の濃厚な学生生活で夢への扉が開きました!

「永井マザーズホスピタル」に就職

栗原 愛さん

(埼玉県立栗橋北彩高等学校出身)

医療の現場で仕事をしたいという夢を叶えるため、1年制の学科がある大宮医療秘書専門学校への入学を決意!医療事務科は1年制でありながら多くの資格にチャレンジでき、就職率も高いことが大きな魅力で、早く社会に出たかった私にぴったりでした。夢が叶った今、患者様から「ありがとう」と言われるたびに、人の役に立てる喜びを実感しています。

医療事務科

カルテを読み取る力が必要なので医学の知識を勉強して良かった!

「公益財団法人がん研究会有明病院 」に就職

甲賀 麻友美さん

(埼玉県立松山女子高等学校出身)

診療情報管理士としてがん登録などの仕事に携わっています。ドクターから研究用として必要なカルテのオーダーがあった場合の貸し出しや、紹介状などの文書管理が主な業務です。1年目に「がん登録実務者初級」を取得し、2年目は後輩の指導も任されました。今は「がん登録実務者中級認定試験」の合格を目指しています。

診療情報管理士科