在校生の1日に密着 | 学校紹介 | 名古屋(愛知)の調理師専門学校

在校生の1日に密着

在校生の1日

調理師という同じ目標に向かって、技術の練習に励んでいる上級調理師科と調理師科。辻学園では技法の習得だけでなく、先生が調理の楽しさまで教えてくれるので、いつも生徒の笑顔であふれています。
このページでは、そんな学校の1日を紹介。生徒たちの生の声をお届けします。

2年制 上級調理師科 2年
山口 恵理奈さん
岐阜県立海津明誠高等学校出身

意識の高いクラスメイトたち。仲間、ライバルとして、いい刺激をもらっています。

日々、自分の上達を実感できると嬉しそうに話してくれた山口さん。授業以外でも親身に相談に乗ってくれる先生方の存在はこの学校の大きな魅力だとも。同じ目標に向かって頑張る仲間達も大切な存在。「真剣に料理と向き合うその姿勢からは学ぶことも多いです」。

クラスメイト

同じ目標に向かって頑張る仲間たち。みんな仲良しです。

9:30高度調理実習

今日は中華料理。丸鶏を使って、唐揚げとスープを作ります。

鶏の骨格を理解した上で、骨に沿って身を離すのが鶏のさばき方のポイント。

スープの灰汁は一度沸かすと取りやすい。鶏は皮で身を包むとよりジューシーに。

いつも私の失敗をフォローしてくれる実習班のメンバーたち。

13:40高度基礎調理実習

包子の包み方の復習。包み方のポイントは、力を入れずに左手で生地を回すこと。

15:30フードサービス

検定試験に出るポイントを先生がわかりやすくしっかり教えてくれます。

17:10放課後

一緒にエントリーする蓮君と全国スイーツ&カフェコンテストの打ち合わせ。

1年制 調理師科 1年
内木 光也さん
岐阜県立飛騨高山高等学校出身(既卒)

海外で見つけた自分らしい夢。この学校でなら、その夢に近づけると思った。

高校卒業後、オーストラリアに渡り、そこで食の世界に魅せられた内木さん。辻学園でなら自分の経験値を高められるし、自分の夢に近づけると思ったと言います。オーストラリアの海辺にあるようなカフェを地元で作るのが内木さんの夢。「今は実現に向けて頑張っています」。

尊敬している米田先生

担任の米田先生は生徒一人ひとりと本気で向き合ってくれる。

7:45今日は朝練習に参加するので早めに登校。実習着に着替えて4階の実習室へ。
8:00朝練習

ジャガイモのアッシェを練習。先生がマンツーマンで教えてくれます。

先輩も一緒に練習しているので、時には先輩に教えてもらうことも。

もっともっと上達できるよう、頑張ります!

9:30調理理論

調理法を解説しながら、先生が実際に目の前で作るのをじっくり見られる授業。

今日のメニューは、生パスタとパエリア。

できたての生パスタを味見。

11:20食品学

自分で選んだ食品の特徴についてみんなの前で発表。僕はサトイモ担当。

13:40調理実習

今日は回鍋肉とニラ饅頭、マンゴープリンを作ります。

先生のデモンストレーション後は、班ごとに分かれて調理開始。

担当の奥原先生は、しっかりポイントを抑えた教え方をしてくれるのでわかりやすい。

料理はチームワークも大事。みんなで力を合わせて頑張りました。

放課後アルバイトは週2~3日。焼き鳥屋さんと英会話スクールで英語を教えてます。

このページの先頭へ