在校生の1日に密着 | 学校紹介 | 名古屋(愛知)の調理師専門学校

在校生の1日に密着

在校生の1日

調理師という同じ目標に向かって、技術の練習に励んでいる上級調理師科と調理師科。辻学園では技法の習得だけでなく、先生が調理の楽しさまで教えてくれるので、いつも生徒の笑顔であふれています。
このページでは、そんな学校の1日を紹介。生徒たちの生の声をお届けします。

上級調理師科 2年
水野 知里さん
私立聖カタリナ学園光ヶ丘女子高等学校出身

お互い支え高め合える仲間たち。
私はこの学校で、宝物をたくさん見つけました。

実技テストに向けて、技術の向上を目指し、朝の自主練習に参加している水野さん。実技テストでは、クラス内で順位がつくため、自分にとってはいい刺激になるとも。クラスメイトたちから学ぶことも多く、この学校で出会えた仲間たちは、かけがえのない存在になったと嬉しそうに話してくれました。

チームワークもバッチリ!

同じ目標に向かって頑張るクラスメイト。辛い 時、いつもみんなの明るさに助けられてます。

9:30高度調理実習(西洋)

ガパオサラダとバレンシアパエリア、鯵のムニエルとミネストローネを作ります。

私はムニエル担当。鯵を3枚におろし、丁寧に骨抜きし、ソテーします。

ぶどうをオリーブオイルとにんにく、バターで炒め、ソースに。

完成!
一緒に作った班のみんなと試食。「いただきます!」

13:40フードサービスHRS

レストランサービスの知識を学ぶ授業。

尊敬してます!倉地先生
いつも、生徒目線でアドバイスしてくれる倉地先生。

15:30高度基礎実習(コンクール)

人参のシャトーと、みじん切り、オムレツの各部門の技術テスト。

調理師科
平野 敬太郎さん
愛知県立三好高等学校出身

将来のための勉強だからどの授業も楽しい!夢は、外国で日本料理の店を開くこと。

料理を専門的に学ぶ中で、基礎の大切さを改めて実感し、一つひとつの作業を丁寧に行うようになったと言う平野さん。料理の道を目指そうと思った時からの夢は、外国で日本料理の店を開くこと。「お客様においしいといっていただけるのはもちろん、笑顔で帰ってもらえるような店にしたいです」。

高校の大先輩!

澤野先生は、地元の高校の大先輩!料理人としても、先輩としても尊敬してます。

9:30調理理論(中国)

今日は丸鶏のさばき方と、部位ごとの料理方法を学びます。

試食
先生が作った揚げたての唐揚げ。それを試食できるのは、生徒の特権です!

11:20栄養と健康

調理師免許を取るためには、しっかり勉強しておかなければならない科目。

13:00お昼休み

いつもはお弁当。今日は、レストラン実習のメニューをみんなで試食。

13:40調理実習(日本料理)

鰈の5枚卸に挑戦。まずは恒例の先生のデモンストレーションから。

作業開始
今日は鰈の唐揚げと前菜を作ります。まずは、野菜の下準備。

いよいよ衣をつけて鰈を揚げます。仕上げまでは時間との戦いに。

時間内になんとか出来上がりました。みんなで試食。「いただきま~す」


このページの先頭へ