在校生の1日に密着 | 学校紹介 | 名古屋(愛知)の調理師専門学校

在校生の1日に密着

在校生の1日

調理師という同じ目標に向かって、技術の練習に励んでいる上級調理師科と調理師科。辻学園では技法の習得だけでなく、先生が調理の楽しさまで教えてくれるので、いつも生徒の笑顔であふれています。
このページでは、そんな学校の1日を紹介。生徒たちの生の声をお届けします。

上級調理師科
石黒 彩水さん
愛知県立一宮北高等学校出身

料理の技術や知識、そして社会人として大切なことも学べる。
だから未来の自分が楽しみです。

この学校の魅力は、豊富な食材を使えること、すごいプロフィールを持つ先生方から指導を受けられることだと言う石黒さん。料理の技術はもちろん、盛り付けやお皿の使い方など、さまざまな技術や知識を磨き、「たくさんの人の幸せな瞬間に料理で携わりたい」と言う夢を語ってくれました。

9:10高度調理実習(日本料理)

先生のデモンストレーションでは、先を読んで動くアシスタントの先生の動きもチェック。

10:00調理スタート

全ての料理を同時に仕上げるためには効率的な動きとチームワークが大事。

10:20鱧の骨切り

鱧の骨切りに挑戦。奥まで勢いよく包丁を入れ、骨に当たったら包丁を引くのがポイント

10:40浅利の赤だし汁の味見

浅利から思ったよりも味が出ていなかったので、ちょっと調整しました。

10:50カリフォルニアロールを巻く

アボカド巻きのポイントは、アボカドを巻き込む時に空気をしっかり抜くこと。

11:30盛り付け

横線の入ったお皿なので、ソースで区切りをつけ、お寿司を盛り付けます。

11:40完成!

養老寄せ・ナスの鴫焼き・カリフォルニアロール・鱧寿司・浅利の赤出汁。時間内にできました!

13:40高度調理実習(日本料理)

午後の実習は平造りとそぎ造りの練習。西先生の包丁捌きはいつ見ても美しい!

15:30フードプロデュース

お店のメニューやPOPの作り方を学べる授業。店舗作りを想像できて楽しい。

放課後就職相談

担任の松田先生はいつも生徒のことを一番に考えてくれる生徒想いの先生。

調理師科
宮澤 雅矢さん
長野県飯田OIDE長姫高等学校出身

先生や仲間からいい刺激をもらえる毎日。
探していた自分の次の目標も見つかりました。

入学当時、明確な夢がなかったと言う宮澤さん。この学校で将来に対する意識の高い友人たちと出会い、大きな刺激を受け、新たな自分の可能性を見つけられたとか。施設の充実、実践力を磨けるカリキュラムに魅力を感じ選んだ学校に間違いはなかったと笑顔を輝かせてくれました。

9:10調理理論(西洋料理)

先生方が目の前で料理をしながら説明してくれるのでわかりやすい授業。

-しっかりメモ

先生の何気ないトークの中にもプロのテクニックがいっぱいだからメモは欠かせない!

-リゾットを確認

仕上がり具合や香りなど、料理の味をしっかり想像できるよう目と鼻で確認。

10:40完成!

お米のサラダと仔牛のすね肉の煮込みとリゾット。盛り付けも勉強になります。

11:00栄養学

ミネラルやカリウムなど、料理に欠かせない栄養について専門的に学べる授業。

12:40お昼休み

実習の試食がお昼になる時も。ない日は自分でお弁当を作ってくることもあります。

13:45調理実習(日本料理)

デモンストレーションでは、食材の切り方や手順、注意点を説明してくれます。

14:50調理開始

南瓜とおふの炊き合わせを担当。南瓜は竹串がしっかり中に入るようになればOK。

16:40出来上がり

ウニを崩さないようにご飯に盛り付けるのが難しかった。味は美味しかったです!

17:20放課後

担任の田畑先生に就職相談。とにかく親身になってくれる、頼れる存在です。


このページの先頭へ