野口 舞花さん(くすりアドバイザー科1年)|在校生のスクールライフ紹介|学校紹介 | 札幌(北海道)の医療事務・介護福祉士専門学校

学校法人三幸学園 > 医療事務・医療秘書・福祉の専門学校トップ > 札幌の医療事務・医療秘書・福祉の専門学校

熊谷 咲樹さん(くすりアドバイザー科1年)

在校生のスクールライフ

専門知識を養うだけでなく、人間的にも成長したい。

熊谷 咲樹さん

くすりアドバイザー科1年(苫小牧南高等学校出身)

くすりアドバイザー科は授業が昼すぎに終わり、午後はドラッグストアでのインターンシップ実習へ。学校で習ったことを現場で確認できるので、知識を深めることができます。その実習も検定前はお休みして、試験の勉強に集中。さらに資格取得だけでなく人間的にも成長したいので、学校行事や委員会にも積極的に参加しています。

基礎医薬品の知識は、登録販売者にとって必要不可欠!

クラスメイトは、お互いに高め合える“仲間”です。

週5日は、地元のドラッグストアでインターンシップ実習。

親しみやすい担任の横山先生。なんでも相談できます!

私の1日

6:00
毎日早起きして、約2時間かけて通学!
9:10
薬の成分や効き目、副作用について学習。
11:00
「解剖生理学」では、体のしくみなどを勉強。
11:55
昼休み。ご飯を食べたり、散歩したり…。
12:50
「未来デザインプログラム」は、将来に役立つ知識や考え方が身につきます。やる気もUP!
13:45
地元に戻り、ドラッグストアでレジ業務や接客。夜までがんばります☆

このページの上部へ