卒業生のお仕事紹介|資格・就職 | 札幌(北海道)の医療事務・介護福祉士専門学校

学校法人三幸学園 > 医療事務・医療秘書・福祉の専門学校トップ > 札幌の医療事務・医療秘書・福祉の専門学校

卒業生のお仕事紹介

あこがれの医療・福祉・保育業界で働く卒業生を紹介

三浦 奈々恵さん(芦別高等学校出身)

「社会医療法人恵佑会第2病院」に就職

自分の進路や将来としっかり向き合えたのは、親身な先生方のおかげ。

いつも必ず味方でいてくれた先生方に感謝しています。たくさん頼って支えてもらって、自分にぴったりの職場に出会えました。積極的に委員会や行事に参加していろんな人と関わり、自分の長所、短所を知れたことが成長のバネになりました!

医療秘書科

金子 楓さん(北海高等学校出身)

「ひかり幼稚園」に就職

「楓先生みたいになりたい」と言われ、嬉しかった。

こどもと関わるのが苦手だった私は、こどもとの接し方を学びたくて保育の道をめざしました。実際に学んでいくうちに、こどもと関わることが大好きになりました。こどもたちは一人ひとり性格が違うので、こどもたちの気持ちを理解するために、常に同じ目線でいることを心がけています。

医療保育科

石井 唯さん(斜里高等学校出身)

「慈啓会 特別養護老人ホーム」に就職

「石井さんの声を聞くと安心」利用者様の言葉が励みです!

食事の介助や排泄介助など、その方の状況に合わせ、日常生活をスムーズに送るための支援をしています。まだまだ新人ですが、大切なご家族のお世話をさせていただいているプロとして、しっかり利用者様一人ひとりの状況をご家族にお伝えできるようがんばっています。利用者様に頼られていると実感できた時は、この仕事をやっていてよかったなと心から思いました。

介護福祉科

荒川 真美さん(再進学者)

「心臓血管センター 北海道大野病院」に就職

ドクターからの「ありがとう」が仕事のやりがいに。

現在私は、病棟で医師事務作業補助者として、ドクターの事務作業の仕事を任されています。ドクターから「ありがとう」と言っていただけることもあり、そんな時は嬉しいです。廊下などで患者様とすれ違う際「いつもありがとう」と笑顔で言っていただけるとうれしいですね。

医療事務科

糸塚 涼介さん(北広島西高等学校出身)

「株式会社 くすりの福太郎」に就職

楽しく集中して学ぶ中で、勉強嫌いな自分でも夢を叶えることができた!

在学中に登録販売者、医療事務、ビューティーアドバイザーなど6つもの有効な資格を取れたことは大きな財産!将来は興味がある漢方の知識を深め、地元で漢方カフェを開くのが夢です。

くすりアドバイザー科

織田 愛未さん(大谷室蘭高等学校出身)

「医療法人徳洲会 札幌東徳洲会病院」に就職

診療管理録のチェックや資料づくりが主な仕事。

診療情報管理室が私の仕事場。ここで、外来や入院患者様の診療管理録を患者様ごとに、記入ミスなどがないかチェックしたり、診療記録をパソコンに取り込んだり、未制作の記録の督促業務などを行なっています。また診療情報管理委員会で必要となる統計などに関する資料作成業務も任されています。

診療情報管理士科

米谷 あゆみさん(札幌東商業高等学校出身)

「医療法人明日佳 札幌宮の沢脳神経外科病院」に就職

患者様に喜んでいただける対応ができた時に、私も喜びを感じます。

医事課に所属し、窓口での受付、会計、電話応対など、主に患者様と接する仕事に携わっています。毎日多くの患者様が来院されるので、待ち時間が多く、患者様に不快感を与えないよう、積極的に会話するこをと心がけています。ちょっとした会話でも患者様に喜んでいただけるとうれしいですね。

医療事務科

加藤 佑梨さん(札幌真栄高等学校出身)

「北1条松華堂歯科」に就職

受付は病院の顔。常に笑顔で。

歯科アシスタントとして札幌市内の歯科医院に就職。普段は、治療に必要な器具や材料を準備し、バキューム操作などのアシストについています。受付では、ご予約をおとりしたり電話対応をしています。特に受付は病院の顔なので、常に笑顔で対応するように心がけています。

歯科アシスタント科

赤坂 奈津樹さん(北海学園札幌高等学校出身)

「札幌マタニティ ウィメンズホスピタル」に就職

産まれた赤ちゃんの成長を見ると感慨深いものがあります。

私の勤務先の病院は、産科・婦人科・小児科のあるクリニック。ここで私は、医療事務として、受付や会計、カルテなどのコンピュータ入力、カルテの整理などを任されています。仕事のやりがいを感じるのは、患者様から「ありがとう」の言葉をいただいた時ですね。

医療秘書科

このページの上部へ