学校法人三幸学園 > 医療事務・医療秘書・福祉の専門学校トップ > 大阪の医療事務・医療秘書・福祉の専門学校

木下 崇さん(介護福祉科1年)

在校生のスクールライフ

めざすは、佐藤先生!専門技術も人間性も先生がお手本です。

木下 崇さん

介護福祉科1年(大阪府立刀根山高等学校出身)

Q&A

Qこの学校に入ってよかった!と思うことは?
A尊敬できる先生との出会いを通して、将来の夢が見つかったこと。
Q本校に入学したきっかけは?
A人と関わることが大好きで、「ありがとう」と言われる職業に就きたかったからです。
Q学校やクラスの雰囲気はどう?
A学校全体がすごく明るい雰囲気です。クラスメイトだけでなく、先生や先輩とも仲がいいです。

調理実習

時には調理実習も。今日はポトフとサラダを作りながら、介護食の知識も学びました!

授業中

ベッドでの起き上がりや着替えの介助などを練習。力の入れ方が難しい…。

自助具

体が不自由な人のためのスプーンや箸。オープンキャンパスでも体験できるよ!

クラスメイト

同じ夢を持つ友達。仲間でもあり、ライバルでもあり、僕にとって大切な存在です。

先生にありがとう  私の成長ストーリー

この学校で担任の佐藤先生に出会い、初めて将来の夢を持つことができました。その夢とは、佐藤先生みたいな人になることです。先生のように介護の技術や知識をしっかり身につけ、誰に対してもやさしい人になりたいと思っています。そして福祉の現場で経験を積み、いつかはこの学校の教員になるのが目標です。夢を叶えるためにも、今から日々の努力を重ねていきたいです。

このページの上部へ