スイーツパティシエ科(1年目)

1年次で「食」に関するすべての基礎を身につける。トータルに学ぶから将来の選択肢が広がる。

どうすれば美味しいスイーツやパンが作れるか、お客様に安全な「食」を提供するには何に気をつければよいかなど、食のスペシャリストとして必要な知識や技術を、1年次はじっくり、丁寧に学習します。

3つのポイント

  • POINT 1
    スイーツ・パン・調理・ドリンクの基礎を総合的に学び、しっかり身につける。
    1年次にスイーツ・パン・調理・ドリンクの基礎をトータルに学び、2年次に、自分に合った専攻が選べる!
  • POINT 2
    1年次に基礎を学んでから2年次に自分に合ったコースを選べる。
    圧倒的な実習量で、2年間で最大約400種類のレシピを習得します!
  • POINT 3
    豊富な実習授業で2年間で最大400レシピを修得。
    スイーツ&カフェ専門学校ならではのおしゃれな校舎・最新の設備が揃った実習室で学べる!

実習カリキュラム

充実したカリキュラムを通してスイーツ・パン・カフェの基礎を1年間で身につける。

スイーツ・パン
スイーツ・パン

240時間

調理・ドリンク
調理・ドリンク

240時間

1年次 スイーツ&カフェ専門学校の主な授業

  • 製菓・製パン基礎実習
    製菓・製パン基礎実習

    平窯やスチームコンベクションオーブン、ミキサーなど、プロ仕様の器具・機械の使用法を学び、生地・発酵・成形・焼成など基本的な製菓・製パン技法を習得します。また、生地やクリーム作り、ナッペ、絞りといった洋菓子のベースがしっかり身につくよう、何度も反復練習を実施。繊細な分量やタイミングを覚え、お菓子作りのノウハウを吸収していきます。

  • カフェ・ビバリッジ基礎実習
    カフェ・ビバリッジ基礎実習

    実際にカフェで使用されているエスプレッソマシンを使って、エスプレッソやカプチーノの抽出方法をマスターします。また、コーヒー豆や紅茶の茶葉の種類を知り、それぞれの特徴を学習。さまざまなバリエーションを探求していきます。さらに、フレッシュジュースやアレンジ料理を実際に作り、オリジナリティあふれるレシピを研究していきます。

  • 製菓・製パン理論
    製菓・製パン理論

    ケーキや焼き菓子作りに必要な小麦粉やバター、生クリーム、砂糖やチョコレートなどの原材料の特徴・役割を知り、菓子ができるまでの過程を科学的に理解します。

  • カフェ理論
    カフェ理論

    エスプレッソ・コーヒー・日本茶・紅茶・果実などの産地、原料から基本的な入れ方の他、スイーツや焼き菓子、パン、フードなどのカフェメニューに合うドリンクのアレンジ法を学びます

  • パティシエ基礎外国語
    栄養学

    食材に含まれる栄養素が体にどのような影響を与えるのか、どのような調理法であれば栄養素を活かせるのかを学びます。

  • 食の原料・材料学
    食の原料・材料学

    世界のフード、スイーツの歴史・文化や食材の特性・扱い方などを学び、実習やプランニングを通して実践します。

1年次 スイーツ&カフェ専門学校の時間割例

スイーツパティシエ科(1年目)の時間割例

こんな仕事につける

将来目指せる職業
  • パティシエ
  • ショコラティエ(チョコレート職人)
  • ウェディングパティシエ
  • スイーツプランナー
  • ヴァンドゥーズ(販売員)
  • コンフィズール(糖菓職人)
  • ブーランジェ(パン職人)
  • ベーカリーショップオーナー
  • バリスタ
  • カフェオーナー
  • カフェパティシエ
  • シェフ
  • バーテンダー

こんな資格がめざせる

取得できる資格
  • 食品衛生責任者(社団法人東京都食品衛生協会)
  • 菓子製造技能士・パン製造技能士2級受験資格(国家資格)
  • 製菓衛生師(名称独占国家資格)※要実務経験
  • 色彩検定1〜3級(公益社団法人 色彩検定協会)(文部科学省後援)
  • フードコーディネーター検定3級(日本フードコーディネーター協会)
  • サービス接遇検定1~3級(財団法人実務技能検定協会)
  • ラッピング検定(日本ラッピング協会)