吉田 梨乃さん(くすりアドバイザー科1年)|在校生のスクールライフ紹介|学校紹介 | 横浜(神奈川)の医療事務専門学校

学校法人三幸学園 > 医療事務・医療秘書・福祉の専門学校トップ > 横浜の医療事務・秘書・歯科助手の専門学校

太楽 夏琳さん(くすりアドバイザー科1年)

在校生のスクールライフ

勉強と未来の仕事を楽しみながら両立。充実した学校生活を送ってます。

太楽 夏琳さん

くすりアドバイザー科1年(鹿児島県立鹿屋女子高等学校出身)

私がこの学校を選んだ理由は、「登録販売者」資格の取得率が全国平均より高かったから。それに、インターンシップ実習ができるので、働きながら学べる環境にも魅かれました。学校や実習先でいろんな人と接することができ、コミュニケーション能力も高くなりました。お客様から感謝される登録販売士めざしてがんばってます。

生徒一人ひとりのことを大事に考えてくれる、担任の武田先生。

商品を陳列する時は、ついつい薬の成分をチェックしちゃってます。

みんなめざしている方向が同じだから、お互いいつも励まし合いながらがんばってます。

難しいことも楽しく、わかりやすく教えてくれる本間先生。

私の1日

8:30
朝食をしっかり食べて登校。
9:10
インターンシップ先で役に立つ「手話」の授業。
11:00
本間先生の「医薬品」の授業は、分かりやすくて面白い。
12:40
本日の授業終了!
13:00
放課後、教室でみんなとテスト勉強。
17:00
ドラッグストアでインターンシップ実習。
薬剤師の社員の方から薬の知識を教えてもらっています。

このページの上部へ