卒業生のお仕事紹介|資格・就職 | 横浜(神奈川)の医療事務専門学校

学校法人三幸学園 > 医療事務・医療秘書・福祉の専門学校トップ > 横浜の医療事務・秘書・歯科助手の専門学校

卒業生のお仕事紹介

あこがれの医療業界で働く卒業生を紹介

藤田 愛莉さん(神奈川県立磯子高等学校出身)

「慶應義塾大学病院」に就職

相手の心の温度を測りながら安心感を与えられる対応を目指しています。

病棟クラークとして働く今、在学中に磨いたマナーや気配りが入院患者様の不安を和らげる上で大変役に立っています。さらに経験を重ねて、いずれは看護助手の仕事にも挑戦したいです。

医療秘書科

清高 葵さん(私立髙木学園女子高等学校出身)

「まき歯科医院」に就職

医療の仕事と接客の両方活かせる受付になりたくて。

先生には言いづらい治療の話を納得して頂くまで受付で話すことで、嫌な治療に前向きになってもらう。そんな受付業務が接客好きの自分にはすごく向いてると思います。世間話を楽しみに来てくれる患者様もいて、私のやりがいに繋がります。

歯科アシスタント科

小曽根 莉那さん(神奈川県立津久井浜高等学校出身)

「新横浜母と子の病院」に就職

病院実習先が就職先に。この学校には、夢に直結する学びがある!

病院実習での勤務態度を評価していただき、念願の産婦人科に就職!毎日、生まれてくる赤ちゃんの近くで働けることは大きなやりがいです。日々経験を積んで患者様の気持ちを理解し、さまざまな相談に的確に対応できる事務員を目指します。

医療秘書科

吉田 智美さん(私立横浜清風高等学校出身)

「済生会神奈川県病院」に就職

親近感をもっていただけることがすごく嬉しいです

看護助手として、一般病棟に入院されている患者さんの食事介助、歩行介助、ベッドメイキング、諸々の準備、清掃などを行なっております。「私も誰かの役に立ちたい!」と父の入院時思ったことが私の夢の基礎になっています。

医療秘書科

山口 彩花さん(神奈川県立新城高等学校出身)

「聖マリアンナ医科大学病院」に就職

大病院で働く夢が叶ったのは、歴史と実績ある三幸学園だからこそ!

憧れの大学病院に就職できたのは学校の先輩方が残してくれた受験報告書のおかげ。また、先生方の親身な面接指導に支えられ、本番では自分の言葉で素直に話すことができました。この学校を選んで本当に良かったです!

診療情報管理士科

阿部佳菜子さん(山形県立山形北高等学校出身)

「有限会社 ツカハラ薬局」に就職

お客様の“キレイ”をお手伝いできることがやりがい。

調剤薬局の化粧品売り場でエステの施術などを主に担当。調剤事務も行なっています。お店ではSKⅡの会社と提携しており、お客様にフェイシャルマッサージを行なっています。“キレイ”を通してお客様を笑顔にしたり、ありがとうと言ってもらえることがやりがいですね。

くすりアドバイザー科

小林 恭輔さん(神奈川県立相原高等学校出身)

「淵野辺総合病院」に就職

日々進歩する医療の現場で、データ解析を通して人々の健康維持をサポート。

健診センターの事務員として受診者様のデータ管理を行っています。少しでも社会貢献できるよう、健診センターで早期発見される病気の統計をまとめ、学会での発表を目指しています。

診療情報管理士科

尾崎 麻里さん(神奈川県私立高木学園女子高等学校出身)

「ユミカ内科小児科 ファミリークリニック」に就職

受付事務と医師の診察介助。

現在の職場は、他の病院やクリニックと違って、体験できないことがたくさんできること。例えば、心電図を測定する器械や、動脈硬化を検査するもの、点滴など器械のことも知ることができるので、とても勉強になります。

医療秘書科

今村 舞さん(静岡県立稲取高等学校出身)

「敬友会 都筑キッズデンタルランド」に就職

優しく対応してくれた歯科助手さんに憧れて。

幼い頃、歯科医院にいくのが怖く苦手意識があった私。そこの優しい歯科助手さんに憧れこの職業を目指しました。現在は、受付や治療の補助の業務を行います。トレーニングを重ね治療が出来るようになる子の姿を見るのが嬉しいですね。

歯科アシスタント科

このページの上部へ