授業・先生について | よくあるご質問 | 名古屋の調理師専門学校

名古屋辻学園調理専門学校のトップページ > よくあるご質問 > 授業・先生について

授業・先生について

授業について

Q 授業は1コマ、何分ですか?

A

1コマの授業は45分です。
通常大学などでは、1コマ90分の授業が一般的ですが、授業に集中できる時間設定にするために、本校では45分で授業を行っています。

Q 実習中での職員の数は何人ですか?1テーブルに1人つくのか?

A

基本的には2人の先生で見てるよ。
ただ、基礎の実習や、1人1匹材料を捌く授業のときは5~6人の先生が教室内を見るので1班に1人先生がつくイメージだよ。

Q 実習と、座学との割合は?

A

1週間に3日調理実習が入っています。でも座学の中には調理理論というものがあり、先生が料理を作って見て学ぶ授業があるので半分くらいは料理主体の勉強をしてるよ!

Q まったく料理をした事がないのですが大丈夫ですか?

A

料理を全くした事がない人も中にはいます。しかし辻学園では服の着方、庖丁の持ち方、立ち位置、庖丁の研ぎ方など一から指導していくので初心者の方でも大丈夫です。

Q 練習で必要な材料は用意してくれますか?

A

スキルアッププログラムで使用する材料は、すべて学校で用意します。だけど、それ以外の練習材料は各自で用意してもらう事になるよ。

Q アカデミーは必ず受講しなければいけませんか?

A

アカデミーは希望制です。

Q 授業ではどんな料理を作りますか?

A

まずは食材の切り方や基本の卵料理からはじめ、授業が進むにつれ古典的な料理やフカヒレ・伊勢海老などの高級食材を使った料理も作ります。

先生について

Q 現場経験の先生はいますか?

A

経験をした職員も常勤してますし、第一線で活躍している外来講師(OB)も授業をしています。辻学園にいる職員はレッスンプロなので技術指導は専門分野です。

Q 色々な先生の授業を受けれますか?

A

日本料理、中国料理、西洋料理各料理ごとの専門の先生たちから授業をうけ、業界で名高いお店の料理長の授業も受けれます。

その他

Q 専門学校進学と直接就職は何が違うのですか?

A

現場はお客様が最優先なので、時間を取って教えてもらう事が難しく見て学ぶ事が多いと思います。専門学校では基礎の知識・技術をしっかり身につけることができ、また就職先との強いパイプがあるので、希望の就職先に就職を斡旋してもらえます。

Q 大学の調理科と悩んでいるんですが。

A

大学や短大は調理学科の歴史が浅い所が多く、技術習得をするカリキュラムは専門学校の方がしっかりしています。


このページの先頭へ