ページ内を移動するためのリンクです

学校法人 三幸学園 東京こども専門学校

在校生の学校生活紹介

在校生の充実したキャンパスライフを紹介します!

保育士、幼稚園教諭になるまでの成長Story

私の1週間レポート

クラスの仲間がいてくれるから勉強も行事も全力で頑張れます!
こども総合学科 こどもおもちゃコース
森尻 宏華さん
東京都 私立 共栄学園高等学校 出身

私自身、0歳のときから保育園に通っていたのですが、まったく寂しい思いをせず、先生達のことも大好きでした。その体験があったからか、小学校の頃にはすでに保育園の先生になりたいと思いはじめ、そのあこがれがいまでもずっと続いています。東京こども専門学校は、オープンキャンパスでの先輩達のイキイキとした姿を見て、すぐに入学を決めました。オープンキャンパスのときに味わったあの楽しい雰囲気は、入学してからさらに実感!仲良しの友達と励まし合いながら、勉強に、遊びに全力で取り組んでいます。

1年次

レクリエーションを通じて自然に友達ができました!

ゲーム形式の自己紹介など、自然と仲良くなれる工夫がいっぱい!楽しい時間を過ごすうちに、いつの間にかたくさんの友達ができていました。

人前で自分の意見を伝えられるように!

「アクティブラーニング」とは、人に自分の考えを話すことで、インプットとアウトプットを繰り返し、授業内容を深く理解する手法のこと。自分のことを話すだけでなく、人の話に耳を傾ける力も養えるので、コミュニケーション能力が全体的に高まったように思います。アクティブラーニングを体験したおかげで、人前で自分の意見を伝えることにもずいぶん慣れました。

2年次

オープンキャンパスのスタッフに!

先生に声をかけていただき、オープンキャンパスのスタッフに参加。高校生の緊張をほぐすために笑顔で接することをつねに心掛けています。

保育発表会の実行委員に抜擢!

保育発表会では実行委員に立候補。クラスのまとめ役を担いました。ステージの上の演者さんが輝けるように裏方として働く、いわば縁の下の力持ち。一見、目立たない作業のなかに、発表会成功のカギを握る重要な仕事があることを知りました。

3年次

三幸フェスティバルのパフォーマンスリーダーに!

三幸フェスティバルのパフォーマンスリーダーになれました!ずっとあこがれていたので決まったときは大喜び。構成や振付、衣装まですべて自分達で決めていきます。でもリーダーとして約270名をまとめることはやっぱり大変。SNSで情報を発信したり、クラスにあいさつにまわったりと、毎日忙しいですが、すべて最優秀賞を取るためだと思えば、どれだけでも頑張れます。

やりがいいっぱいの保育園実習

日誌など大変なことも多かったですが、こども達の「おはようございます!」の声が癒しになり、最後まで頑張り抜くことができました。終盤は、こどもと遊ぶのがあまりに楽しくて、家に帰りたくないと感じたほど。いまはいち早く現場に出たい気持ちでいっぱいです。

卒業!

こどもと一緒に成長できる保育者になりたい!

こども一人ひとりにしっかり向き合い、気持ちに寄り添える先生になるのが夢。社会に出てからも勉強する機会はたくさんあるはず。こどもの成長を通じて、私自身もさらに成長したいです。

スタッフとして関わると学校行事が倍楽しい!

佐野 愛梨さん
千葉県立 館山総合高等学校 出身

オープンキャンパスや三幸フェスティバルの実行委員など、学校行事のスタッフには積極的に参加するようにしています。「せっかくなら全力で楽しもう!」が私のモットー。持ち前の明るさで、みんなの気持ちを盛り上げていきます。

8:50

友達と一緒に登校!

駅で友達と待ち合わせて一緒に登校。友達と交わす「おはよう!」の一言で、元気のスイッチが入ります。

11:00

元気に歌おう「こどものうたI」

上手かどうかはわからないけれど、歌を歌うのは大好き。大きく口を開けて元気よく歌えたらOKですよ!

12:50

学校行事のランチミーティング

月に1回ほど、三幸フェスティバルの委員が集まってランチミーティング。クラスごとの状況などをじっくり話し合い。

13:45

「保育の心理学」で心の発達を学ぶ!

こどもの心の発達について学ぶ授業。先生の話がおもしろいので授業時間があっという間です。

16:30

実践的な授業「実習就職対策」

手遊びや絵本の読み聞かせなど、実習で必要なテクニックは「実習就職対策」で完ぺきに!自信を持って実習に向かえます。