ページ内を移動するためのリンクです

学校法人 三幸学園 東京こども専門学校

こども専門学校の学び方

東京こども専門学校では、授業はもちろん実習・学校行事・就職活動など学校生活の全てを通して、保育者として必要な力を身につけていくための環境を用意しています。1つひとつのステップを積み重ねることで、実践力を身につけ現場で活躍できる保育者を育てます。

授業

  • 1

    保育現場で必要な基礎的な知識・技術の習得

    実際に現場経験のある先生から今の保育現場の実情に合わせた授業が受けられます。

  • 2

    就職後すぐに活躍できる実践的な技術の習得

    授業で学んだ技術や、作った保育アイテムは実習先や就職先でもそのまま活用できます。

  • 3

    専門性を高めて実践力の向上

    将来なりたい保育者をイメージし、より強みのある保育者をめざします。

詳しい授業内容はこちら

学科・コース紹介

実習

  • 1

    ボランティアで実際にこども達の前に

    見習い保育者としてこども達の前に立ち、授業で身につけた知識・技術を披露・実践し、実践力を身につけます。

  • 2

    初めての実習

    まずは実際の現場を観察・見学することで園生活の流れを把握し、こども達との関わり方を学びます。

  • 3

    先生として実習へ

    これまでの授業や実習での学びや反省をもとに指導案を作成し、こども達の前で実際に先生の役割を果たします。

詳しい実習内容はこちら

実習紹介

学校行事
保育発表会

  • 1

    初めての保育発表会

    授業で学んだ基礎的な知識をもとに手探りで創り上げます。先輩の発表や観客のこども達の反応などを見て学びます。

  • 2

    経験を活かしてレベルアップ

    1年次での経験や初めて実習に参加した経験を活かして、計画的に実施します。後輩へのアドバイスも行い、発表会全体の進行を考えて取り組みます。

  • 3

    学びの集大成を発表

    学校での学びの集大成。実習・授業を経てこどもの気持ちや園の様子を知り、保育現場を意識した発表ができるようになります。

保育発表会の様子はこちら

年間行事

PICK UP
卒業と同時に
保育士・幼稚園教諭を取得
東京こども専門学校では保育士・幼稚園教諭の資格を卒業と同時に取得可能。学校でのカリキュラムに沿って学ぶことで確実に資格を取得できるため安心です。

保育科の保育士コースでは幼稚園教諭は取得しません。

実践的カリキュラムが
約520時間
保育の短期大学や専門学校では必修科目が中心で学校ごとの違いがほとんどありません。そんな中、東京こども専門学校のこども総合学科では約520時間のオリジナルカリキュラムを展開!東京こども専門学校ならではのプラスアルファの学びにより、現場で役立つ実践力が身につきます。
保育現場経験者の
先生が多数
東京こども専門学校の先生は“保育現場経験者”が多数在籍しています。現場経験豊富な先生から教わることで、実際の保育現場を想定した学びを得ることができ、実習や就職ですぐに活かせる実践力・技術が身につきます。