学校法人三幸学園 > 医療事務・医療秘書・福祉の専門学校トップ > 大阪の医療事務・医療秘書・福祉の専門学校

医療秘書科(2年制女子)

あこがれの病院であこがれの医療秘書になる。

『病院実習』や資格取得を通して、医療秘書のプロになれると実感できる2年間。医療従事者として、秘書として求められるさまざまな知識・技術をより専門的に学びます。

こんな仕事につける!

  • 医療秘書
  • 小児クラーク
  • 病棟クラーク
  • 医療事務
  • 薬局・薬店スタッフ
  • 医師事務作業補助者(ドクターズクラーク)

こんな資格がめざせる!

  • 医療事務検定1~2級
  • 診療報酬請求事務能力認定試験
  • 医療秘書技能検定準1~3級
  • 医事コンピュータ技能検定2~3級
  • 介護報酬請求事務技能検定試験
  • 調剤報酬請求事務技能検定試験
  • ビジネス能力検定ジョブパス2~3級
  • パソコン検定準1~3級
  • 電卓計算能力検定1~3級
  • ペン字検定2~3級
  • サービス接遇検定準1~3級
  • 専門士
  • 歯科医療事務検定1級

さらに詳しく!
本校で取得可能な
資格について

医療秘書科
3つのポイント!

ポイント1自分にあった分野を6つのコースから選んで学べる!
1年次は医学知識や医療事務の基礎を学び、またマナーや言葉遣いなど社会人に必要な基礎もしっかり身につけます。それらを踏まえて後期に自分の好きな分野から専門コースを選べるので、将来の夢に向かって安心して学ぶことができます。
ポイント2病院・クリニックへの就職に強い。
2年次に4週間、医療現場での仕事体験ができる病院実習を行っています。こうした実習の受け入れ先が各エリアに豊富にあり、そこで認められ就職へと繋がることが多いのも事実です。高い就職決定率が、その頼もしさを物語っています。
ポイント3資格は平均10種類以上を取得。
大きな目標となる各分野の専門資格はもちろんのこと、さまざまな知識や技術を磨ける任意の検定も含め、平均10種類以上の資格取得が可能です。数はもちろんのこと、どの資格も現場で必要とされているものばかりで、合格をサポートする制度「検定ウィーク」も毎回実施しています。資格を取得するごとにどんどん自信がつきます。

医療秘書科
1年次カリキュラム一覧

  • 看護学(医療総論)
  • 看護学(解剖・生理)
  • 看護学(薬理学)
  • 看護学(検査学)
  • 看護学(病理学)
  • 看護学(医療用語Ⅰ)
  • ビジネスマナー
  • 診療録管理学
  • 医事CP・電子カルテⅠ
  • 医科医療事務Ⅰ
  • 医療秘書概論
  • ペン字
  • 電卓検定
  • パソコン実習Ⅰ
  • 未来デザインプログラム
  • ホームルーム
  • プレゼンテーション実践
  • 就職対策

医療秘書科
1年次後期の時間割例

ポイント1

医科医療事務Ⅰ

写真:医科医療事務Ⅰ

病院の「会計業務」と「保険請求書類の作成」について学ぶ授業。また、医療事務検定は厚生労働省が定めた全国共通のものなので、習得すると全国の医療機関で活躍できます。

看護学(病理学)

写真:看護学(病理学)

病気の原因や、どのようにして病気になっていくのか、さらには病気によって起こる身体の変化などについて具体的に学ぶのがこの授業の目的です。

医事CP・電子カルテⅠ

写真:医事CP・電子カルテⅠ

医療事務コンピュータを自在に操作できるよう、実際のコンピュータを使って学ぶ授業。医療IT化に対応できるよう電子カルテの操作方法も勉強します。

コース選択は1年次後期に行い、
2年生から授業が始まります。

各学科コースの学費について

このページの上部へ