ページ内を移動するためのリンクです

学校法人 三幸学園 名古屋こども専門学校

在校生の学校生活紹介

在校生の充実したキャンパスライフを紹介します!

保育士、幼稚園教諭になるまでの成長Story

私の1週間レポート

自分らしく、楽しく保育者として成長できる!
こども総合学科
こどもスポーツコース
高島 亜美さん
愛知県 名古屋市立
若宮商業高等学校 出身

私がこども校を選んだ理由は、学校の雰囲気があたたかい、ピアノが3年間じっくり学べる、コース選択があり強みが作れるなど、「ここで学びたい!」と思える環境が揃っていたことです。最初は短大進学と迷っていましたが、今ではこの学校を選んで本当に良かったと思います。また、現場で活躍されている先生による内容の濃い授業が受けられるのはもちろん、笑顔、あいさつ、マナー、積極性など、人として大切なこともしっかりと教えていただけました。

1年次

友達を作るきっかけの場に

本格的な学校生活がはじまる前に、マナーやあいさつの大切さを教えていただいたり、将来の目標などを発表しました。グループワークなどを通して、クラスのみんなともすぐに仲良くなりました。

考える力が身につきました!

1つの問題についてクラスのみんなで話し合ったり、積極的に意見を述べたりする授業スタイルはとても新鮮。自分では考えもしなかった意見に出会うことも多く、それが新しい考え方にもつながりました。また、頭の中で考えるだけでなく、意見を口に出すと記憶に残りやすく、実習に行ったときも「あのとき、授業で学んだことだ!」と、理解が深まりました。

2年次

新入生歓迎会でリーダーに!

新入生を迎える新入生歓迎会で、こども校のリーダーに。人前に立つことが苦手な私でしたが、クラスのみんなに協力してもらって、イベントは大成功!自分が変わるきっかけになりました!

先生との距離の近さにびっくり!

高校時代と大きく違ったのは、先生とコミュニケーションが取りやすかったこと。先生と生徒という関係性はしっかり保ちつつ、廊下ですれ違うときもフレンドリーに声をかけてくださるので、どんなことも相談しやすく、楽しい学校生活を後押ししてくれました。

3年次

保育の知識がしっかり身につきました!

教室での授業は、みんな積極的に発表して活発な雰囲気。体育や手遊びなど実技系の授業は、こども以上に元気なくらい、毎回盛り上がります(笑)。現場で働いていらっしゃった先生が多く、実際にあったおもしろい話や苦労した話などを交えて教えてくださるので、すごく勉強になりました。

視野が大きく広がった実習

最初は幼稚園の先生になりたいと思って入学しましたが、保育園の実習で0歳児とふれあい、その笑顔のかわいさを知ったことで「在学中は、いろいろな経験を積んでから、将来についてじっくり考えよう」という思いに変わりました。実習は、想像していたことを自分の目で確かめて、心で感じることができる貴重なチャンスだと思いました。

卒業!

笑顔が似合う保育士になりたい!

学校で学んだ保育の知識や技術、そして、多くの人達との出会いはかけがえのない宝物になりました。この経験を、現場で活かせるよう頑張ります!

とにかく毎日が楽しい!自分自身が変わりました!

酒井 裕衣さん
愛知県 名古屋市立 若宮商業高等学校 出身

将来、保育の仕事がしたいのはもちろんですが、この学校に入学して消極的な自分を変えることができました。あいさつやマナー、笑顔、前向きな心の持ち方など専門知識以外にもたくさんのことを学べています。

9:10

「未来デザインプログラム」

どちらかといえば引っ込み思案な性格でしたが、この授業を受けたことでチャレンジすることの大切さを知りました。自分に自信がつき、毎日が前向きで楽しくなりました!

11:00

先生になった気分「教育課程論」

こども達を指導する際のアクティビティをクラス全員の前で発表!練習してきたピアノをみんなの前で披露しました!

12:50

昼休みは友達とワイワイ

ランチを食べながらおしゃべりタイム♪食べ終わったら、写真や動画を撮って遊んだりしています。

14:40

みんな活発!「ホームルーム」

三幸フェスティバルに向けてクラスでミーティング。みんなで本番を盛り上げていけるよう、気合も準備も万端です!

放課後

放課後はみんなでクラス会

今日も笑顔一杯で頑張りました!さぁ、みんなで晩ご飯を食べに行くぞ~♪