ページ内を移動するためのリンクです

学校法人 三幸学園 福岡こども専門学校

在校生の学校生活紹介

在校生の充実したキャンパスライフを紹介します!

保育士、幼稚園教諭になるまでの成長Story

私の1週間レポート

保育士としての技術に加えて、人としてトータルに成長!
こども総合学科 病児保育コース
新里 奈月さん
キャリア進学者

将来は院内保育士や病児保育に関わる仕事に就きたいと考えており、コース別で専門教育が充実しているこども専門学校に興味を持ちました。さらにオープンキャンパスに参加した際に、学校自体や先輩、先生達の明るい雰囲気、それにイベントをたくさん行っていることにも魅力を感じました。保育士としての技術だけではなく、人間性という面でも成長していけるのでは、そう考えて入学を決意。卒業する頃には、保育士としての即戦力に!それができることが、こども専門学校の大きな魅力です。

1年次

友達が一気に増えるから心強い!

クラスのみんなや先輩達とコミュニケーションがとれるので県外出身の私も安心!また、過去の自分を振り返って、夢を再確認します!

知識が身につくから勉強が楽しく!

「アクティブラーニング」とは、インプットとアウトプットを繰り返すことで、効率よく身につける学習法。またこの手法以外に、能動的に学習することや、計画性など、学校生活だけでなく社会人として必要なことがバッチリ身につきます。おかげで授業を受けていても、どんどん自分の糧になっているということが日々実感できるから勉強がもっと楽しくなりました!

2年次

オープンキャンパススタッフとして奮闘!

オープンキャンパスで見た先輩達の姿が、入学の決め手になった私。この学校の楽しさをもっとわかってもらえるように、そして既卒者の気持ちがわかるスタッフとして奮闘!

子育て支援ボランティアに参加!

まだまだ人見知りな自分の殻を破るために、子育て支援ボランティア「こどもんひろば」にスタッフとして参加!準備の段階でクラスのみんなとぶつかったり悩んだりすることもあったけれど、自分達で企画したことや、実習以外の場でこども達とふれあう経験を通して一段と成長することができました。

3年次

三幸フェスティバルでこども専門学校の代表に!

三幸グループの名物「三幸フェスティバル」で、なんとこども専門学校の代表に大抜擢!400人の生徒をまとめるという、大事な役割を任せられることに…。責任の重さや、組織をまとめることの難しさを実感しました。特に「ホウレンソウ」は重要で、この経験はきっと将来大きな役に立つと感じました。そして、やり遂げた達成感は格別!思わず涙が…。

実習であこがれが現実に!

実は、園によって保育方法はさまざま。だからこそ、自分のベストにたどり着くために、いろいろな園で実習をさせてもらうことに。こどもの成長を促すような声かけの方法など、学ぶことは多くありました。また、実際に現場で働く保育士の方々を見て、あこがれを現実にするぞと強く思うことができました。

卒業!

「先生!」そう呼ばれる未来はすぐそこに!

さまざまなことにチャレンジして、保育士としても人間としても成長した3年間!あこがれだった「先生!」と呼ばれること。夢を現実にして、こどもの未来を育むプロに!

同じ目標をめざして支え合うかけがえのない仲間との学校生活!

新城 友佳さん
沖縄県立 中部商業高等学校 出身

みんな、明るくてうるさいくらい賑やか!でもイベントでは、ビシッと団結できる素敵なクラスです。そして、同じ目標を持っているから支え合えて、だからこそ私も目標に向かってのめり込める、充実した学校生活です。

8:50

家が近い友達と一緒に登校!

私のような、県外出身者が多いから安心!いつも家が近い友達と登校したり、お泊まり会をしたりすることも。

9:10

「未来デザインプログラム」でなりたい自分へ!

「夢のスケッチブック」に、なりたい自分と、それに必要なことを書いて確認します。自分が一歩一歩進んでいることを実感!

11:00

「音楽Ⅰ」で効果的にピアノ上達!

一人一台ピアノが使えて、先生が個別に教えてくれるこの授業は貴重!レベルに合った教え方をしてくれるので、上達が早くなります。

14:40

現場で役立つ「表現」の授業

こどもの表現力を育てる、手遊びなどを学ぶことができるのが「表現」の授業。実習や現場で役立つ、実践的なものばかりです!

放課後

放課後はピアノを自主練!

放課後もピアノ個人練習室が解放されているので、将来のために練習!友達に教えてもらったりすると、苦手な部分もできちゃうかも!?