ページ内を移動するためのリンクです

学校法人 三幸学園 大宮こども専門学校

病児保育コース(3年制男女)

保育現場での急なケガや病気に適切な対応ができる

こども達の健康管理や安全を守る保育者になるための知識や技術、心構えを学びます。

病児保育とは?

病児や体調不安のこどもを、専門スタッフ(保育士、看護師、医師、栄養士等)があずかり、保育と看護を同時におこなうことです。病児保育をおこなう施設は、共働き世帯の増加により全国的に不足しています。
また、国の方向性として、今後ますます病児保育をおこなえる体制を持った施設が増えていきます。
そのため、“ 病児に関する知識やスキルを持った保育士”が必要とされています。

3つの学びのポイント
  1. 「子どもの保健検定」の資格を取得可能!
  2. 病児保育施設への就職が有利!
  3. 保育現場での救急対応に強くなれる!

主な授業

こどもの医学Ⅰ

保育現場での小児事故を「未然に防ぐための環境整備」や「事故発生後の対応方法(発見→観察→対応)」について学んでいきます。

ベビーシッター論

こども達の体と心を理解することで、心身共に成長をサポートできるようになります。

こども救急法

こども達の急な病気やケガに対応できるように、体の健康とその環境について学びます。

時間割(例)

  • 学年・学期によって授業数は異なります。
  • 時間割及びカリキュラムは一例です。変更になる場合があります。

在校生VOICE

こどもの不安を取り除き、寄り添ってあげられる保育者に。
岩田 愛里さん
埼玉県立 熊谷農業高等学校 出身

2年生の幼稚園実習の際、ケガや病気で不安になるこども達の様子を間近で見て、保育の現場には専門的な知識を持った保育者が必要だと感じ、「病児保育コース」を選択。コースの授業を通じ、こどものケガや病気、園で流行る感染症などについて学び、現場ですぐに対応ができる対応力を身につけています。

各学科コースの学費についてはこちら

こども総合学科の取得可能な資格はこちら