卒業生のお仕事紹介

動画で卒業生の声が聞けるよ!仕事のやりがいやアドバイスについて聞いてみました!

あこがれの医療業界で働く卒業生を紹介

経験を重ね、資格を取得し、レベルアップしていきたい。

「医療法人社団誠馨会 千葉メディカルセンター」に就職

井上 七海さん

(千葉県立検見川高等学校出身)

オープンキャンパスに参加した時、施設環境が充実してたことや、先生と生徒の距離が近く雰囲気がいいなと思い、進学を希望しました。思い通りに就職できた今、私は医師事務作業補助者として、ドクターのサポートや書類作成などを行なっています。目標は、『医師補助』の資格を取り、よりレベルアップすることです。

医療秘書科

事務の仕事で看護師をサポート。経験を積んで、もっともっと役に立ちたい!

「社会医療法人 木下会千葉西総合病院」に就職

弘津 夏帆さん

(千葉県私立流通経済大学付属柏高等学校出身)

看護部長や看護副部長の秘書業務を担当しています。仕事内容は幅広く、時には看護師を目指す学生さんへの対応やクラーク業務のサポートなどを行うことも。多くの方と接するので、学生時代にビジネスマナーや主体性を身につけられて良かったと思っています。もっともっと看護師さんの役に立てるよう、頑張りたいです。

医療秘書科

医療事務を目指すきっかけになった病院で、 “欠かせない存在”になるのが目標!

「社会福祉法人 恩陽財団済生会 神栖済生会病院」に就職

柴田 安里紗さん

(千葉県立銚子商業高等学校出身)

医療事務として、受付や会計などを担当。患者様の症状によって、どの科にご案内すべきかわかるのは、専門学校で解剖生理を学べたおかげです。また今の勤務先は、私が医療事務を目指すきっかけになった病院。当初は求人が出ていませんでしたが、どうにか面接してもらえるように学校の先生が交渉してくださいました。

医療秘書科

病院の経営面を支える業務を担当。やりがいある仕事に充実の日々。

「社会医療法人社団さつき会 袖ケ浦さつき台病院」に就職

小倉 麻依さん

(千葉県立木更津東高等学校出身)

こどもからお年寄りまで、幅広い人たちと関われる仕事に就きたいと思ったのが、医療事務をめざしたきっかけです。現在私は病棟クラークとして、入院患者様のオリエンテーションや退院の際の書類作りなどを担当。もっともっと経験を積んだら、いつか指導者としての仕事にも携わりたいと思っています。

医療秘書科

医療事務の仕事を通して、やりがいや人とのつながりを実感。

「株式会社HuCAM 慶應義塾大学病院」に就職

髙橋 瑠名さん

(茨城県立麻生高等学校出身)

検査室の受付で、患者様のご案内や検査技師のサポートを行っています。医療事務は大変なこともありますが、人とのつながりや多くのやりがいを感じられる職業。決して一人ではできない仕事なので、協調性も必要です。競争率の高い就職先でしたが、学校の先生が私を信じて応援してくれたことが、心の支えになりました。

医療事務科

患者様のご家族の気持ちも思いやりながら、入院手続きや保険の説明をしています。

「成田赤十字病院」に就職

清宮 有紀さん

(千葉県立富里高等学校出身)

病棟クラークとして、ICU病棟に勤務。患者様の処置内容をパソコンに入力したり、患者様のご家族に入院手続きのご案内をしています。緊急入院で動揺されているご家族も多いので、その気持ちを思いやることも大切です。今後は、学生時代に取得した診療情報管理士の資格を活かした業務にも携わってみたいと思っています。

診療情報管理士科

患者様からも周りのスタッフからも信頼される存在に!

「医療法人社団 保健会谷津保健病院」に就職

窪田 栞さん

(千葉県立八千代高等学校出身)

患者様の入退院などをサポートする病棟クラークとして、ナースステーションで仕事をしています。事務の私でも対応できることで、患者様に喜んでもらえるのがうれしいです。患者様やご家族、看護師や医師など、いろいろな方と関わりを持つので、患者様の情報はしっかり把握しておくことを心がけています。

医療事務科

責任ある仕事を任されていることが仕事の大きなやりがいに。次は『がん登録実務者資格』を取りたい。

「医療法人鉄蕉会 亀田総合病院」に就職

生田 早紀さん

(千葉県私立市原高等学校出身)

私が診療情報管理士の資格取得を目指したのは、やりがいのある仕事で、将来仕事の選択肢が広がると思ったからです。私は現在、診療情報管理室に所属し、先輩方のサポートを受けながら患者様の入院処理、書類整理、電話応対などの仕事を担当。がん登録の実務にも携わりたいので、次の目標は『がん登録実務者資格』を取得することです。

診療情報管理士科