卒業生のお仕事紹介

動画で卒業生の声が聞けるよ!仕事のやりがいやアドバイスについて聞いてみました!

あこがれの医療業界で働く卒業生を紹介

常に笑顔で対応することを心がけています。

「医療法人社団 誠馨会 千葉メディカルセンター」に就職

山本 美沙さん

(千葉県立東金高等学校出身)

会計窓口は患者様が一番最後に立ち寄る場所。「お大事になさってください」と声をかけた際に「ありがとう」「お世話になりました」と言っていただけた時に、やりがいを感じます。仕事をする際に心がけているのは、なるべく早く会計処理できるようにすることと、笑顔で対応することです。

医療秘書科

より知識を増やし、立派な診療情報管理士を目指します。

「千葉大学医学部附属病院」に就職

増田 理那さん

(千葉県立銚子商業高等学校出身)

病院ではサマリーのチェックや、統計をとる業務を行っています。本校に進んだのは、千葉県内で唯一、診療情報管理士の資格を取得できるからでした。今後は、より深い知識を身につけることで、患者さんに安心安全の医療を提供することです。日々学ぶことが多く、やりがいを感じます。

診療情報管理士科

患者様に前向きな気持ちで治療に取り組んでもらえるよう、笑顔でサポートしています。

「東葉クリニック」に就職

小川 千尋さん

(千葉県立松尾高等学校出身)

患者様と接する際に心がけているのは、笑顔と明るい挨拶。また、診療前後に体調が急変する場合もありますので、すぐに異変に気づけるよう待合室を見渡すことも大切です。患者様に「ありがとう」や「小川さんの笑顔で元気が出たよ」と言われるとやりがいを感じますね。

医療秘書科

お客様からのありがとうの言葉が私の頑張る力に。

「社会福祉法人 九十九里ホーム九十九里ホーム病院」に就職

大木 貴映さん

(千葉県立銚子商業高等学校出身)

法人の本部で来客応対、電話対応、会議の資料や文書の作成など幅広い業務に携わっています。時々、病院の受付業務の対応をしたり、人の役に立ち患者様から頂くありがとうの言葉が私の糧になっています。

医療秘書科

責任ある仕事を任されていることがやりがいに。

「千葉メディカルセンター」に就職

浅野 温美さん

(再進学者)

医事課に配属され、レセプト業務、自賠責、生活保護者担当として、請求事務を行なっています。他にも、後輩の指導も任されています。担当者として責任ある業務をさせてもらっていることにやりがいを感じています。

医療事務科

ずっとやりがいをもって働き続けることのできる仕事。

「社会福祉法人 仁生社江戸川病院」に就職

秋山 優衣さん

(千葉県立土気高等学校出身)

患者様の笑顔が見れたり、レセプトの任されることが増えていき日々成長できます。行事が多く初めて話す方や先生、目上の人と話す機会の多い学校で身につけた言葉遣いが職場でも生きています。

医療秘書科

自分にぴったりの仕事に出会い、日々成長を実感できるのは、背中を押してくれた先生のおかげ。

「セントラル薬局千葉店」に就職

加瀬 小夏さん

(千葉県私立千葉学芸高等学校出身)

就職先の進路で迷っていた私に、調剤薬局を勧めてくれたのが担任の先生でした。薬剤師や患者様と触れ合えるアットホームな職場は私にぴったり!元気な挨拶と笑顔を大切に、毎日楽しく仕事に取り組んでいます。

医療秘書科

最後までやりぬくことが今に繋がる

「医療法人社団 誠馨会 千葉中央メディカルセンター」に就職

佐藤 美空さん

(千葉県立茂原高等学校出身)

入院された患者様の電子カルテ、紙カルテの管理をしています。正確な形で管理することで、より良いデータとして残っていくことにやりがいを感じています。あきらめない心で在学中にとった資格が今にいきています。

診療情報管理士科

患者様はもちろん、一緒に働くスタッフにも信頼される存在になりたい。

「社会医療法人社団さつき会 袖ヶ浦さつき台病院」に就職

根本 綾香さん

(千葉県立磯辺高等学校出身)

医療事務は自分次第で日々ステップアップできる仕事。毎日多くの患者様が来院しますが、できるだけ顔と名前、症状を覚え、「あれから調子はいかがですか?」と声掛けするようにしています。

医療秘書科