卒業生のお仕事紹介(姉妹校実績)

あこがれの医療業界で働く卒業生を紹介

チャンスがあれば、いろいろな仕事に挑戦してみたい。

「医療法人大宗会 王子回生病院」に就職

馬渡 真緒さん

(再進学)

総合病院の受付で、患者様対応やレセプトチェック、会計入力などの仕事に携わっています。仕事をする上で心がけているのは、患者様を第一に考えること、看護師さんが動きやすいように行動することです。だからこそ、患者様や看護師さんから「ありがとう」と言っていただけると自分の仕事が評価されたようですごくうれしいです。

医療事務科

実習のがんばりが認められ就職。誰にでも気軽に声をかけてもらえることがうれしい。

「医療法人春秋会 城山病院」に就職

村山 夢さん

(大阪府立長野高等学校出身)

何か資格を取って将来役立つような仕事に就きたいと思い、安定している医療の仕事を選んだ私。オープンキャンパスの印象がよく、この学校を選びました。この学校に入って一番良かったと思うことは友だちに恵まれたことです。実習先に就職した今、医事課に所属し、患者様の受付と会計、診療点数の計算などの仕事に携わっています。

医療秘書科

苦手なことにも積極的にチャレンジ。自分を成長させるきっかけがたくさんある学校でした。

「広島大学病院」に就職

二井内 芽唯さん

(広島県私立広島県瀬戸内高等学校出身)

大学病院の医事グルーブで医療事務を担当しています。眼科、麻酔科、放射線治療科、放射線診断科、耳鼻科の5つの診療科に対応する窓口で、受付や料金計算などが私の仕事。患者様の数が多いので、毎月のレセプト業務をやり終えた時の達成感は格別。受付は病院の“顔”。笑顔の対応を心がけ、コミュニケーションも大事にしています。

医療秘書科

ドクターから安心して仕事を任せてもらえるような存在になるのが目標。

「藤本歯科クリニック」に就職

岡 唯さん

(再進学)

医療の仕事は、生活スタイルが変わっても長く続けられるので、資格が取りたいと思いました。神戸校は、新しく開校したばかりで1期生として学べる所に魅力を感じ選びました。歯科医院に就職した私の仕事は、ドクターの横での治療のサポート。私がアシストした時に、安心して治療に専念できると思われる存在になるのが今の目標です。

医療事務科

患者様やスタッフに必要とされる存在であり続けたい。

「医療法人潤優会 松谷クリニック」に就職

宮本 茉莉乃さん

(再進学)

耳鼻科の受付や診察介助などの仕事に携わっています。診察介助では、患者様が鼻水を吸引する際に使う器具に薬を入れたり、その使い方を患者様にご説明したり。仕事のやりがいを感じるのは、患者様から「ありがとう」と言っていただけた時。これからも、スタッフや患者様に必要とされる存在でいられるようがんばります。

医療事務科

学びや資格が大きな自信に。患者様からの「ありがとう」が仕事のやりがいに。

「医療法人社団せいゆう会 神明病院」に就職

三﨑 紗希さん

(社会人からの再進学)

病院の受付で、新患や再来の患者様の受付手続きや会計、レセプトなどを担当しています。仕事のやりがいを感じるのは、やはり患者様に「ありがとう」と言われた時。また、患者様から名前を覚えていただけた時もうれしいです。いろいろな仕事に挑戦させてもらえるので、もっともっとスムーズにこなせるようになるのが目標です。

医療事務科

病院の顔として、常に患者様の立場に立った応対を心がけています。

「陰下内科」に就職

藤巻 未来さん

(兵庫県立淡路三原高等学校出身)

私がこの学校を選んだのは、1年間で多くの資格取得ができるからです。医療の専門的な資格はもちろん、社会人としての資質を高められる資格など、数だけでなくその幅の広さも魅力でした。現在私は、「患者様の視点に立ち、全身を診た医療を実践する」を理念とする病院で医療事務として仕事に携わっています。

医療事務科

患者様からもスタッフからも、必要とされる存在になりたい。

「東区役所前歯科」に就職

竹下 佳奈さん

(広島県立可部高等学校出身)

私が医療の仕事に興味を持ったのは、資格を持っていれば長く続けられる仕事だからです。現在私は、歯科医院でドクターのアシスタント業務に携わっています。就職先を歯科医院に決めたのは、医療事務に比べて、診察室では治療のアシストなど、動きのある仕事ができるので、私に向いていると思ったからです。

医療秘書科