卒業生のお仕事紹介(姉妹校実績)

あこがれの医療業界で働く卒業生を紹介

医療人として、社会人として大切なことをたくさん学べた2年間

「医療法人尚和会 宝塚第一病院」に就職

久保 渚さん

(兵庫県立宝塚東高等学校出身)

幼い頃の入院がきっかけで、患者さまに寄り添い安心してもらえるような医療従事者として働きたいと思いました。2年生で看護クラークコースを選択。看護技術や知識などを学び、現在アシストナースとして勤務しています。看護の知識はもちろん、敬語などの言葉遣いや介護技術や知識、接遇マナーなど、2年間で学んだことは全て仕事に活かされています。

医療秘書科

ビジネスマナーや挨拶をしっかり習得できたことに感謝

「神戸百年記念病院」に就職

川本 真里亜さん

(兵庫県立淡路高等学校出身)

医療事務員としてレセプト処理を担当しています。算定がきちんとできると「やった!」と心の中でガッツポーズ。その達成感が医療事務の醍醐味でもあります。この学校は、マナーや礼節を重んじ、学生時代は大変だと感じてしまうこともありましたが、就職したら誰も教えてくれないと実感。今となっては先生方の深い愛を感じています。

医療秘書科

現場に直結した実践中心の授業で、医療人としての自信も身についた

「医療法人伯鳳会 赤穂中央病院」に就職

三輪 祥花さん

(兵庫県立赤穂高等学校出身)

窓口業務をはじめ、電話対応や会計、レセプト処理が私の仕事。会計・レセプト業務では、学校で学んだことをフル活用してがんばっています。在学中、実際の現場を意識した実践中心の授業で学んだ知識や技術はもちろんのこと、「ビジネスマナー」の授業で学んだ社会人として必要なマナーや言葉遣いも、社会人として、医療人としての大きな自信につながりました。

医療秘書科

知識を増やし、新たな資格にも挑戦。一歩先を読んで動ける人になりたい

「日高歯科」に就職

畑 ひなのさん

(兵庫県立洲本実業高等学校出身)

短期間で資格を取って早く社会に出たいと思い、1年制の学科を選びましたが、勉強や資格取得だけでなく、同じ夢を持つ仲間と一緒に心を強くすることができました。夢が叶った今、治療を終えて安心して帰っていく患者さまを見送るたびに、誰かの役に立てた実感で満たされる毎日。この仕事を選んで本当に良かったです。

医療事務科

医師を支える縁の下の力持ちとなり患者さまの不安を少しでも軽くしたい

「日本赤十字社 姫路赤十字病院」に就職

三輪 朱莉さん

(兵庫県立姫路商業高等学校出身)

医師事務作業補助者として、診断書・紹介状の記入といった秘書業務を行っています。略語や医療用語が使われることも多いのですが、学校で習っていたのでスムーズな対応ができています。私がサポートすることで医師と患者さまが話す時間が増え、より正確な診断、より良い治療につながってほしい。そんな願いを胸に、日々仕事に邁進しています。

医療秘書科

先生と生徒の距離がとても近くて、安心して夢を追うことができました

「医療法人沖縄徳洲会 神戸徳洲会病院」に就職

山路 美優さん

(兵庫県立村岡高等学校出身)

1年間の学校生活は資格取得の勉強や行事など、とにかく濃厚でした。でも、とても充実していたし、何よりいつでも、どんな時でも相談に乗ってくださる先生との出会いは、この学校を選んで良かったと感じることです。これからも医療事務の知識を深め、どんなことでも的確に対応できる医療事務員になりたいです。

医療事務科

丁寧な患者さま対応ができるのは、ビジネスマナーを学べたから

「医療法人社団サンタクルス レディース&マタニティクリニック サンタクルス ザ シュクガワ」に就職

谷垣 佑衣さん

(兵庫県立日高高等学校出身)

勤務先が産婦人科なので、定期的に検診に来ていた患者さまがご出産され、お子様を連れて退院される姿を見ると、妊娠、出産という大切な瞬間に関われていることに大きなやりがいを感じます。医療事務の仕事は言葉遣いがとても大切。直接患者さまと接する時はもちろん、顔の見えない電話対応でも「ビジネスマナー」で学んだことがとても役に立っています。

医療秘書科

人の役に立てる喜びを力に成長し続けられる仕事です

「ポラリス水木調剤薬局」に就職

松本 亜樹さん

(神戸市立神港高等学校出身)

医療事務は、技能だけではなく職場の方や患者さまとのコミュニケーション能力がとても重要です。学校で学んだビジネスマナーと電話対応には本当に助けられていて、普段の生活からコミュニケーション能力を高める大切さも感じています。患者さまとの円滑なやりとりや、居心地の良い環境作りが、よりよい医療へと繋がると信じて邁進する毎日です。

医療事務科