卒業生のお仕事紹介|資格・就職 | 東京の医療事務・介護福祉士専門学校

学校法人三幸学園 > 医療事務・医療秘書・福祉の専門学校トップ > 東京の医療事務・医療秘書・福祉の専門学校

卒業生のお仕事紹介

あこがれの医療・福祉・保育業界で働く卒業生を紹介

和泉 明世さん(東京都私立村田女子高等学校出身)

「朝霞台中央総合病院」に就職

常に誠実に対応できるよう医療事務員としての能力を磨き続けていきたい。

患者様とのやり取りは自分を成長させてくれるもの。病院の顔である窓口を任される今、患者様の顔と名前を覚えてお声掛けするなど、医師との橋渡し役としての自覚を胸に仕事をしています。今後も医療事務員としての能力をもっと身につけていきたいです。

医療秘書科

浅野 温美さん(社会人からの再進学)

「医療法人社団誠馨会千葉メディカルセンター」に就職

責任ある仕事を任されていることがやりがいに。

レセプト業務、自賠責、生活保護者担当として、請求事務を行なっています。仕事をする際に心がけているのは、とにかく間違いがないように気をつけること。そのために確認は怠らないよう心がけています。仕事のやりがいは、病院の収入に関われていること、担当者として責任ある業務をさせてもらっていることに感じています。

医療事務科

竹内 さゆりさん(長野県小諸高等学校出身)

「順天堂大学医学部附属順天堂医院」に就職

診療情報管理士はやりがいの大きな仕事です。

診療情報管理士として、病名、手術のコーディングや診療録の量的・質的点検、診療録の貸出・閲覧対応などの仕事を行なっています。コーディングとは、アルファベットと数字の組み合わせで決まっている登録コードに従って、患者様の病名にコードをつけていく作業。仕事の際に心がけているのは、どんなに忙しい時でも笑顔でいることです。

診療情報管理士科

内海 美咲さん(埼玉県立鴻巣女子高等学校出身)

「認定NPO法人 フローレンス」に就職

保育と医療の知識を活かし病気になった子どもと保護者をサポート。

病気になったお子さんのお宅に伺い、一日保育をする訪問型の病児保育をしています。病状に合わせたケアや食事介助、室内遊びのほか、時には通院も行います。たくさんの親御さんのサポートをするのが夢です。

医療保育科

渡邉 沙由里さん(東京都立青井高等学校出身)

「社会福祉法人 三幸福祉会 特別養護老人ホーム 癒しの里 南千住」に就職

感謝の言葉をいただけるとうれしい。

利用者様の日々の日常生活のお手伝いをさせていただいています。施設内の誘導や食事、入浴介助の他、ケアプランナーさんと一緒にケアプランやリハビリプランを考えたりしています。仕事のやりがいは、利用者様や家族様より感謝の言葉をいただけることです。

介護福祉科

松富 優里さん(千葉県立千城台高等学校出身)

「株式会社 くすりの福太郎」に就職

お客様には新しい薬の情報を提供できるよう、準備しています。

現在私は店長代理として、接客や薬の販売などを行なっています。常に薬の新しい情報をお客様に提供できるよう、チェックすることは欠かせません。新しい薬のことは事前に調べるようにしています。

くすりアドバイザー科

藤井 菜奈さん(新潟県立高田農業高等学校出身))

「みわ歯科クリニック」に就職

患者様に一番近い存在として、常に患者様の気持ちに立ち、頼られる人材になりたい。

学校の授業は実習が中心で楽しく学べました。患者側の気持ちを知れたことも貴重な経験です。目指すは患者様の心に寄り添える歯科助手!患者様がリラックスして治療できるよう笑顔でサポートしていきたいです。

歯科アシスタント科

前田 純輝さん(東京都立府中東高等学校出身)

「武蔵野赤十字病院」に就職

医療事務員は病院の運営を円滑にする縁の下の力持ち。

総合病院の医療事務として、一般会計のレセプト作成と担当する科のレセプトチェックを行っています。月に3~4,000枚もの資料の確認は大変な作業ですが、病院の収支に関わる責任重大な仕事。自覚を胸に集中して取り組んでいます。

診療情報管理士科

志村 早紀さん(杉並学院高等学校出身)

「医療法人財団 荻窪病院」に就職

同じ夢に向かう仲間、素晴らしい先生方が大きな自信を与えてくれた。

医療事務員として最も役に立っているのが、3年間の学生生活で徹底的に身につけた分離動作と礼節。臨機応変に対応できる応用力も大きな財産です。少しでも多くの患者様に元気を与えられる存在になりたいですね。

医療保育科

このページの上部へ