学校法人三幸学園 > 医療事務・医療秘書・福祉の専門学校トップ > 東京の医療事務・医療秘書・福祉の専門学校

卒業生のお仕事紹介

あこがれの医療・福祉・保育業界で働く卒業生を紹介

和泉 明世さん(村田女子高等学校出身)

「朝霞台中央総合病院」に就職

常に誠実に対応できるよう医療事務員としての能力を磨き続けていきたい。

患者様とのやり取りは自分を成長させてくれるもの。病院の顔である窓口を任される今、患者様の顔と名前を覚えてお声掛けするなど、医師との橋渡し役としての自覚を胸に仕事をしています。今後も医療事務員としての能力をもっと身につけていきたいです。

医療秘書科

宮下 智沙都さん(社会人からの再進学)

「東京医療生活協同組合中野総合病院」に就職

資格も専門知識もマナーも。現場の即戦力となれる力を集中して培った一年間。

一年制の学科でしたが、目標の資格を全て取得!挨拶や礼節を時に厳しくご指導いただいたことも、社会に出てからはとても感謝しています。晴れて医療従事となった今、覚えることがいっぱいで失敗もありますが、新しい知識を吸収し、成長できる毎日はとても楽しいです!

医療事務科

前田 純輝さん(府中東高等学校出身)

「武蔵野赤十字病院」に就職

医療事務員は病院の運営を円滑にする縁の下の力持ち。

総合病院の医療事務として、一般会計のレセプト作成と担当する科のレセプトチェックを行っています。月に3、4000枚もの大量の確認は大変な作業ですが、病院の収支に関わる責任重大な仕事。自覚を胸に集中して取り組んでいます。

診療情報管理士科

内海 美咲さん(鴻巣女子高等学校出身)

「認定NPO法人 フローレンス」に就職

保育と医療の知識を活かし病気になった子どもと保護者をサポート。

病気になったお子さんのお宅に伺い、一日保育をする訪問型の病児保育をしています。病状に合わせたケアや食事介助、室内遊びのほか、時には通院も行います。たくさんの親御さんのサポートをするのが夢です。

医療保育科

今福 優規さん(社会人からの再進学)

「港区立特別養護老人ホーム 港南の郷」に就職

心のやりとりを通して、安心感と信頼感のある介護福祉士を目指します。

同じ介護度であっても、求められる内容は十人十色。日々利用様と接する中で何が必要かを探り、ペースに合わせて見守ったり、気持ちに寄り添いながら、その方に応じた対応を目指しています。

介護福祉科

及川 由夏さん(フリーターからの再進学)

「紫山堂薬局」に就職

人の役に立てる喜びを胸に、薬の知識や接客スキルをもっともっと磨いていきたい。

お客様の症状に合わせて薬を選ぶのはもちろん、薬に頼りすぎないよう生活習慣のアドバイスもしています。学校の勉強は下地であって、プロになるにはさらに勉強が必要。薬の勉強会に参加するなど日々努力しています。

くすりアドバイザー科

藤井 菜奈さん(高田農業高等学校出身)

「みわ歯科クリニック」に就職

患者様に一番近い存在として、常に患者様の気持ちに立ち、頼られる人材になりたい。

学校の授業は実習が中心で楽しく学べました。患者側の気持ちを知れたことも貴重な経験です。目指すは患者様の心に寄り添える歯科助手!患者様がリラックスして治療できるよう笑顔でサポートしていきたいです。

歯科アシスタント科

小池 舞さん(専門学校からの再進学)

「東邦大学医療センター大森病院」に就職

今の自分があるのは、いつも背中を押してくれた先生がいてくれたから。

診療情報管理士の難しい勉強を乗り越えられたのは担任の先生の激励のおかげ。晴れて診療情報管理士として働く今も向上心を忘れず、日々の業務と並行してがん登録の勉強にも励んでいます。

診療情報管理士科

志村 早紀さん(杉並学院高等学校出身)

「医療法人財団 荻窪病院」に就職

同じ夢に向う仲間、素晴らしい先生方が大きな自信を与えてくれた。

医療事務員として最も役に立っているのが、3年間の学生生活で徹底的に身につけた分離動作と礼節。臨機応変に対応できる応用力も大きな財産です。少しでも多くの患者様に元気を与えられる存在になりたいですね。

医療保育科

このページの上部へ