学校法人三幸学園 > 医療事務・医療秘書・福祉の専門学校トップ > 東京の医療事務・医療秘書・福祉の専門学校

国の教育ローン(日本政策金融公庫)

「国の教育ローン」は政府系金融機関である日本政策金融公庫が取り扱っている長期、固定金利でご利用いただける教育ローンです。
入学時等の一時的な資金をはじめとして、以下のような用途にご利用いただけます。

  • 学校納付金(入学金、授業料、施設設備費など)
  • 受験にかかった費用(受験料、受験時の交通費・宿泊費など)
  • 住居にかかる費用(アパート・マンションの敷金・家賃など)
  • 教科書代、教材費、通学費用、修学旅行費用、学生の国民年金保険料など
  • 入学するために必要となる資金は、入学される月の翌月末までのお取り扱いとなります。
  • お使いみちについてご不明な点は、コールセンターへお問い合わせください。

ご利用いただける方

日本学生支援機構の奨学金と重複してご利用いただけます。
ご融資の対象となる学校に入学・在学される方の保護者で、次の1または2の方。

1. 世帯の年間収入(所得)が次表の金額以内の方

お子さまの人数※ 世帯収入(所得)
1人 790万円(590万円)
2人 890万円(680万円)
3人 990万円(770万円)
4人 1,090万円(860万円)
  • 「お子さまの人数」とは、お申込みいただく方が扶養しているお子さまの人数をいいます。年齢、就学の有無を問いません。
  • 「5人以上」の場合は、コールセンターへお問い合わせください。

2. 世帯の年収(所得)が990万円(770万円)以内で、
次の特例要件のいずれかに該当する方

特例要件
  1. 借入申込人またはその配偶者が単身赴任
  2. 返済負担率【借入申込人の[借入金年間返済額÷年間収入(所得)]】が30%超
  3. 勤続(営業)年数が3年未満
  4. 居住年数が1年未満
  5. ご親族などに「要介護(要支援)認定」を受けている方がおり、その介護に関する費用を負担
  6. ご親族などに「高額療養費制度」、「特定疾患治療研究事業」または「小児慢性特定疾患治療研究事業」による医療費の公的助成制度を利用している方がおり、その療養に関する費用を負担
  7. 世帯のいずれかの者が自宅外通学(予定)者
  8. 今回のご融資が海外留学資金
  9. 世帯年収に占める在学費用の負担率【借入申込人の[今後1年間の世帯全員の在学費用÷世帯の年収(所得)]】が30%超
  10. 世帯年収に占める「在学費用+住宅ローン」の負担率【借入申込人の[今後1年間の「世帯全員の在学費用+住宅ローン返済額」÷世帯の年収(所得)]】が40%超
  • 世帯の年間収入(所得)には、世帯主のほか、配偶者などの収入(所得)も含まれます。
  • 今年の世帯の年間収入(所得)が上記の金額以内となる見込みのある方はご利用いただける場合があります。
  • ご親族などでもご利用いただける場合があります。
融資額 学生1名につき350万円以内(ご融資限定内で重複してご利用が可能です。)
利率 年率2.05%(固定)平成27年11月17日現在
※ただし金融情勢により変更する場合があります。
返済期間 15年以内(交通遺児家庭または母子家庭・父子家庭の方または世帯年収(所得)200万円(122万円)以内の方については18年以内)
据置期間 在学期間内は利息のみのご返済とすることができます。(返済期間に含まれます。)
返済方法
  • 毎月元利均等返済(毎月の返済額が一定です。)
  • ボーナス月増額返済もご利用いただけます。

ご返済例

毎月元利均等返済の場合

融資額 返済期間 返済月額
200万円5年(59回) 35,700円
10年(119回) 18,600円
100万円 5年(59回) 17,900円
10年(119回) 9,300円

ボーナス月増額返済の場合(ボーナス返済分を融資額の30%とした場合)

融資額 返済期間 平常月返済額 ボーナス月返済額
200万円 5年(59回) 25,000円 88,100円
10年(119回) 13,100円 46,200円
100万円 5年(59回) 12,500円 44,100円
10年(119回) 6,600円 23,100円
  • 年2.05%の利率で計算した返済例です。
  • 上記返済例には(財)教育資金融資保証基金の保証料は含まれておりません。
  • ボーナス月増額返済のボーナス返済分は最大で融資額の50%です。

お問い合わせ先

国の教育ローン

0570(00)8656

営業時間:月~金曜日9:00~21:00 土曜日9:00~17:00
(日曜日、祝祭日、年末年始(12月31日~1月3日)はご利用いただけません。)
お客様が加入されている電話でご利用いただけない場合は、03(5321)8656におかけください。

日本政策金融公庫
ホームページ

このページの上部へ