学校法人三幸学園 > 医療事務・医療秘書・福祉の専門学校トップ > 東京の医療事務・医療秘書・福祉の専門学校

再進学を目指す方の出願方法

既に高校を卒業された方、または高校卒業と同等の学力を有する方は下記5つの出願方法にて出願できます。

  1. 1AO入学
    ※平成28年8月1日(月)より出願可能です
  2. 2AO特待生入学
    ※平成28年8月1日(月)より出願可能です
  3. 3自己推薦入学
  4. 4一般入学
  5. 5高校既卒・社会人特待生入学
    ※既に高校を卒業された方限定の特待生制度です。

3. 自己推薦入学

入学願書受付期間 合否通知
平成28年9月1日(木)~平成29年3月31日(金) 願書受付後7日以内に郵送で通知いたします。
出願資格
  • 高等学校を卒業した者またはこれと同等の学力を有する者
    ※通信制高等学校の平成28年9月(秋季)卒業の者も含まれる
  • スポーツ、趣味、ボランティア活動、勉学、職業・アルバイト経験などにおいて自身を推薦できる者
出願書類
  • 入学願書(本校指定の用紙)
    ※必ず写真を貼付してください。
  • 自己推薦書(本校指定の用紙)
選考方法
  • 書類審査
    ※ただし、診療情報管理士科・介護福祉科は面接試験あり。面接日は、願書受付後7日以内にご案内いたします。
希望者のみ追加書類
三幸学園学費応援制度利用希望者
  • 三幸学園学費応援制度利用申込書【本校指定の用紙】
  • 日本学生支援機構奨学金の「採用候補者決定通知」のコピー(三幸学園学費応援制度の利用希望者で予約採用が決まった方のみ)
学生寮希望者
  • 入寮申込書(「ひとり暮らし応援BOOK」P6)

4. 一般入学

入学願書受付期間 試験日 合否通知
平成28年9月1日(木)~平成29年3月31日(金) 願書受付後7日以内に面接試験日をご案内いたします。 面接試験後7日以内に郵送で通知いたします。
出願資格
  • 高等学校を卒業した者またはこれと同等の学力を有する者
    ※通信制高等学校の平成28年9月(秋季)卒業の者も含まれる
出願書類
  • 入学願書(本校指定の用紙)
    ※必ず写真を貼付してください。
選考方法
  • 面接試験
希望者のみ追加書類
三幸学園学費応援制度利用希望者
  • 三幸学園学費応援制度利用申込書【本校指定の用紙】
  • 日本学生支援機構奨学金の「採用候補者決定通知」のコピー(三幸学園学費応援制度の利用希望者で予約採用が決まった方のみ)
学生寮希望者
  • 入寮申込書(「ひとり暮らし応援BOOK」P6)

5. 高校既卒・社会人特待生入学

入学願書受付期間 試験日 合否通知
第1次 平成28年9月1日(木)~平成28年10月14日(金) 平成28年10月16日(日) 面接試験後7日以内に郵送で通知いたします。
第2次 平成28年10月17日(月)~平成28年11月4日(金) 平成28年11月6日(日)
第3次 平成28年11月7日(月)~平成28年12月2日(金) 平成28年12月4日(日)
第4次 平成28年12月5日(月)~平成29年2月17日(金) 平成29年2月18日(土)

特待生制度の種類と特典

選考により特待生に合格すると、学費の一部が免除されます。

SS特待生 50万円の免除
S特待生 30万円の免除
A特待生 20万円の免除
B特待生 10万円の免除
C特待生 5万円の免除

※返還義務はありません。(退学者は除く)
※2年制課程以上は進級する際に、免除額の再審査があります。上記の金額は卒業時まで同ランクだった場合の例です。
※第1次で定員を満たした場合は、第2次以降の募集は実施しない場合もあります。

定員

募集定員の10%程度(全ての特待生含む)

出願資格
  • 本校を第一志望とする者
  • 高等学校を卒業した者またはこれと同等の学力を有する者
    ※通信制高等学校の平成28年9月(秋季)卒業の者も含まれる
  • スポーツ、趣味、ボランティア活動、勉学、職業経験などにおいて自身を推薦できる者
出願書類
  • 入学願書(本校指定の用紙)
    ※必ず写真を貼付してください。
選考方法
  • 面接試験
希望者のみ追加書類
三幸学園学費応援制度利用希望者
  • 三幸学園学費応援制度利用申込書【本校指定の用紙】
  • 日本学生支援機構奨学金の「採用候補者決定通知」のコピー(三幸学園学費応援制度の利用希望者で予約採用が決まった方のみ)
学生寮希望者
  • 入寮申込書(「ひとり暮らし応援BOOK」P6)

出願書類の提出方法

直接本校にお持ちいただくか、簡易書留でご郵送ください。

その他

高校既卒・社会人特待生の選考にもれた場合は、「一般入学」として優先入学できますので、再受験する必要はありません。また、診療情報管理士科、介護福祉科は、「一般入学希望者」として再選考し、合否を決定いたしますので、再受験する必要はありません。

選考料

20,000円

※郵送の場合は出願前に志願者名で銀行振込し、「振込証明書」を入学願書の裏面に忘れずに貼付してください。「振込金受取書」は本人控えとなります。

AO特待生入学で特待生として選考にもれた方で、
特待生入学再チャレンジ制度をご希望の方へ

AO特待生入学で特待生として選考にもれた場合、第1次高校既卒・社会人特待生入学を再受験することができます。

AO特待生入学試験
  • 特待生として
    合格
  • 特待生として
    不合格
  • 再受験しない場合
    AO入学で優先入学
  • 再受験する場合
    再チャレンジ制度
  • 特待生として
    合格
  • 特待生として不合格
    一般入学で優先入学
【受付期間】
AO特待生合否発送時に併せて案内いたします。
【その他】
※入学願書は再度ご提出いただく必要はありません。
※AO特待生入学試験後発行のAO入学としての合格通知書をご返送していただく必要があります。 ※選考料の追加徴収はありません。

社会人経験者対象 教育訓練給付金制度(介護福祉科・医療秘書科のみ)

厚生労働大臣の指定する専門実践教育訓練講座を受講した場合、支払った教育訓練経費の一定の割合額が支給される制度です。当校介護福祉科と医療秘書科は指定講座の認定を国から受けており、受講中は授業料の最大40%(年間上限32万円)、さらに、受講修了後、あらかじめ定められた資格を取得かつ修了した日の翌日から1年以内に一般被保険者として雇用された場合は追加で授業料の20%(年間上限16万円)が支給されます。

訓練開始日の1ヶ月前までに、訓練前キャリア・コンサルティングにおいて、「ジョブ・カード」の交付を受け、受給資格の決定を受ける必要があります。詳細はお近くのハローワークまでお問い合わせください。

対象

受給が初めての場合
受講開始日現在で雇用保険の被保険者であった期間が2年以上ある方

過去に受給したことがある場合
受講開始日現在で雇用保険の被保険者であった期間が10年以上ある方
前回の受給から今回の受講開始日前までに10年以上経過している方

このページの上部へ