卒業生のお仕事紹介(姉妹校実績)|資格・就職 | 神戸(兵庫)の医療事務専門学校

学校法人三幸学園 > 医療事務・医療秘書・福祉の専門学校トップ > 神戸の医療事務・医療秘書の専門学校

卒業生のお仕事紹介(姉妹校実績)

あこがれの医療業界で働く卒業生を紹介

村山 夢さん(大阪府立長野高等学校出身)

「医療法人 尚和会 宝塚第一病院」に就職

実習でのがんばりが認められて、就職。

何か資格を取って将来役立つような仕事に就きたいと思い、安定している医療の仕事を選びました。実習先に就職した私は現在、患者様の受付と会計、診療点数の計算などの仕事に携わっています。患者様との対応の際に、ケースバイケースの接し方や正しい敬語の使い方をしっかり学んだことが現場で生かされています。

医療秘書科

米田 襟奈さん(京都府立木津高等学校出身)

「医療法人 寺嶋・塚田こどもクリニック」に就職

前向きな自分に成長できたのは、三幸学園のおかげ。

たった1年間の学校生活を通して、目標を作り、そこに向かって努力できる自分に変われました。今の目標は、患者様からのどんな質問にもテキパキと答えられるようになること。患者様、ドクターと固い信頼関係を築けるように頑張ります。

医療事務科

荒木 郁恵さん(広島県立廿日市西高等学校出身)

「医療法人清風会 五日市記念病院」に就職

患者様とドクターとの架け橋として、円滑な診療を支えたい。

任される仕事、分かることがどんどん増え、自分次第でステップアップできるのがこの仕事の魅力!医療事務の知識はもちろん、ビジネスマナーや現場実習など学校で学んだ全てが活きています。

医療秘書科

太田 美寿々さん(愛知県立小牧高等学校出身)

「医療法人 医仁会 さくら総合病院」に就職

もっともっと仕事を覚えて病院の「顔」になれるよう成長し続けていきたい。

医事課で様々な業務に携わる中でも特に緊張するのが救急受付。救急の連絡を受けたら患者様の情報をスタッフに伝え、カルテを確認します。責任重大な仕事ですが、回復された患者様の姿を見ると、この仕事を選んで良かったと実感しますね。

医療秘書科

柴田 依央莉さん(滋賀県立水口高等学校出身)

「医療法人社団 仁生会 甲南病院」に就職

総合病院の医療秘書としてドクターのサポートをしています。

やっていて一番楽しいのは、患者様とお話をすること。何気ない天気の話とか病状のことなど、日常会話なのですが、それが働く力になっています。そして、患者様の他にも、ドクターや他の部署と一番接することが多く、学校で学んできたこと以上に日々勉強できます。

医療事務科

丹羽 優花里さん(愛知県立安城農林高等学校出身)

「社会医療法人財団 新和会 八千代病院」に就職

患者様に寄り添い、疑問を解決する様にしています。

総合受付、電話対応、小児科受付等の業務をしています。私の勤める病院は、海外の患者様が訪れることがあります。その患者様のための英語版の問診票を作成しました。職員の方が喜んでくれたのが嬉しかったです。

医療秘書科

竹下 佳奈さん(広島県立可部高等学校出身)

「東区役所前歯科」に就職

治療がスムーズに進むようサポートしています。

私の仕事は、受付業務とドクターのアシスタント。治療をしているドクターの横で、バキュームを行なったり、患者様をチェアに誘導したり、口頭で問診を行なったりしています。スムーズなサポートを心がけながらがんばっています。

医療秘書科

岩﨑 奈央さん(佐賀県立伊万里商業高等学校出身)

「医療法人 蔵本ウィメンズクリニック」に就職

先生には信頼を 患者様にはリラックスを

婦人科に勤務しています。診療室での内診介助や事務的な補助など、先生のサポートが私の主な仕事になります。最初の頃は戸惑いも多かったのですが、今は、女性として学ぶことの多い仕事だと思っています。

医療事務科

小川 由衣さん(広島県立五日市高等学校出身)

「有限会社kiki 並木Sクリニック」に就職

将来は、ホテルのフロントの仕事にも挑戦してみたい。

私の仕事場は、美容整形や美容皮膚科専門のクリニック。ここで化粧品の販売や、お客様への施術、電話応対などの業務を担当しています。お客様をスムーズに対応できた時、そして笑顔で帰っていただけた時に仕事のやりがいを感じています。

医療秘書科

このページの上部へ