学校法人三幸学園 > 医療事務・医療秘書・福祉の専門学校トップ > 福岡の医療事務・医療秘書・福祉の専門学校

小児看護コース

医療ケアと心理的サポートのできる、マルチな保育者をめざすなら。

子どもの疾患や障害の専門知識を備えた医学と心理のプロとして、保育や福祉の現場で求められる存在。
子どもたちと保護者の心のよりどころとして大切な役割を担っています。

小児看護コース
2年次カリキュラム一覧

  • 障がい児保育
  • 子どもの食と栄養(小児栄養)
  • 児童過程福祉(児童福祉)
  • 教育原理
  • 家族支援論(家族援助論)
  • 表現Ⅰ
  • 健康Ⅱ
  • 保育指導
  • 教育相談
  • 乳児保育
  • 保育内容(人間関係)
  • 実習対策
  • 音楽Ⅰ(ピアノ)
  • 子どもの病気とケガ
  • 幼児体育
  • 幼児虐待心理学
  • 臨床心理学
  • 小児疾患Ⅰ
  • 保育実習
  • 教育実習
  • ホームルーム
  • プレゼンテーション実践

小児看護コース
3年次カリキュラム一覧

  • 日本国憲法
  • こどもの保健Ⅰ(小児保健)
  • 発達心理学
  • 保育・教職実践演習
  • 英会話
  • 乳幼児心理学
  • 保育内容(言葉)
  • 保育内容(環境)
  • 手話
  • 音楽(ピアノ・楽器)
  • 保育総合実践
  • 一般知識・常識
  • 子どもの保健Ⅱ
  • 就職対策
  • カウンセリング
  • ストレスマネジメント教育
  • 小児事故
  • 保育実習
  • 教育実習
  • 保育実習Ⅱ・Ⅲ(選択)
  • ホームルーム

オススメ授業 子どもの病気とケガ

写真:子どもの病気とケガ

どうして子どもは産まれたばかりよりも生後6ヶ月に病気にかかりやすいのか?それは母体からもらった免疫機能が関係しているのです。

一般的に生後6ヵ月くらいまでは、胎盤を通してもらった母体からの免疫に守られていて、感染症にはかかりにくいとされています。しかし持って生まれた免疫機能が低下してくると、さまざまな菌やウイルスに感染するようになり、発熱や嘔吐、下痢などがみられるようになります。こうした症状は、体が侵入者である菌やウイルスと闘っていることの証で、ひとつ乗り越えるたびに免疫を獲得し、身体も強くなっていきます。この授業では、そういった子どもの身体や子ども特有の病気を学習すると同時に、妊娠や出産のメカニズムの知識も深められます。

小児事故

写真:小児事故

子どもは手に触れるものは何でも口に入れます。異物誤飲による不慮の事故をどうすれば防ぐことができるのかを学びます。

子どもの食と栄養(小児栄養)

写真:子どもの食と栄養(小児栄養)

子どもたちの栄養管理も、保育者の大切な仕事です。ここでは、年齢ごとに必要な子どもの栄養素について具体的に学んでいきます。

カウンセリング

写真:カウンセリング

子どもの健康に関する基礎知識を学び、日常生活を健康に過ごすために必要なアドバイスができるよう技術を身につけます。

各学科コースの学費について

このページの上部へ