在校生インタビュー

飛鳥で見つけた自分らしさ やったらできた!を繰り返して、成功体験を重ねる在校生にインタビュー!

朝が苦手で思い通りに通えていなかった中学時代。この学校の中学生を対象にした「みらいの教室」に通ったことが私にとっては大きな転機になりました。明るい雰囲気や自分のペースで通える高校生活では、気持ちも前向きになり、色々なことにチャレンジできるようになりました。「みらいの教室」の在校生スタッフは、その一つ。中学時代は、行事にもほとんど参加していなかったので、勉強も学校生活も思いっきり楽しむ!これが今の目標です。

スタンダードスタイル中村 彩夏さん

ずっと続けていたゴルフに集中したくて、この学校に進学。同じようにゴルフをやっている先輩からいい刺激をもらえたり、練習環境を整えたりすることで、自分なりに納得のできる結果を出せました。卒業後は、新たな夢を叶えるために、専門学校に進学する予定。いい先輩、いつも支えてくれた先生、そして一生繋がっていたいと思える友達と出会えた3年間。僕はここで、ずっと探していたものを見つけました。

3DAYスタイル緑川 雄也さん

以前は人の関わりに閉鎖的でしたが、入学後に友達もでき、休日は一緒に遊ぶまでに。家族にも「前よりずっと明るくなったね」と言われるし、自分でもよく笑うようになったと感じます。そんな自分になれたのは、友達と先生のおかげかな。信頼できる先生、友達が近くにいることが私の心のお守りです。残りの高校生活は学校行事に参加したいし、医療事務の授業も受けたい!やりたいことがたくさんあることがうれしいです。

スタンダードスタイル森 万祐さん

やったらできた!を繰り返して成長するオリジナル教育システム やったらできた!を繰り返して成長するオリジナル教育システム

SANKOサクセスシステム やったらできた!を繰り返して、成功体験を重ねる。これが私たちのSSS(SANKOサクセスシステム)です。

SANKOサクセスシステム SANKOサクセスシステム

飛鳥未来高等学校では、学内イベントやトライアルレッスンなど、数多くの「チャレンジの場」が与えられます。それら一つひとつは、学生が自分自身を磨き、成長するために用意された大切なチャンス。自信がなくても「やってみたい!」そんな気持ちがあれば、どんな時も必死になってフォローし、熱心に励ましてくれる先生が飛鳥未来高等学校にはいるから、最後まで本気になって頑張れます。「一生懸命やった。やったらできた」その成功体験は自信となり、自分の道を拓く大きな力となるでしょう。