学校法人三幸学園 > 医療事務・医療秘書・福祉の専門学校トップ > 千葉の医療事務・医療秘書・福祉の専門学校

卒業生のお仕事紹介

あこがれの医療業界で働く卒業生を紹介

小川 美穂さん(千葉県立銚子商業高等学校出身)

医療法人社団 誠仁会 みはま佐倉クリニック 勤務

医療事務は病院の「顔」。患者様の心に寄り添える存在に成長したい。

勤務先は透析専門の病院。受付や会計ほか、車いすや具合の悪い方の介助を行っています。透析は時間がかかる負担の大きな治療。丁寧かつ素早い対応と元気な笑顔で、患者様が少しでも明るい気持ちになれるようサポートしています。

医療秘書科

河内 莉菜さん(千葉県立千葉商業高等学校出身)

医療法人社団 誠馨会 千葉メディカルセンター 勤務

患者様と医師との架け橋となり、円滑な治療をサポート。

病院には子どもから高齢者まで幅広い患者様が来院し、働くスタッフも医師、看護師、技師など様々。その橋渡し役こそが私たち医療事務員。多くの人とコミュニケーションをはかり、調整役を担うことに大きなやりがいを感じる毎日です。

医療秘書科

萬羽 彩乃さん(東京都私立二松学舎大学付属高等学校出身)

東邦大学医療センター大橋病院 勤務

最高の環境を整えてくださった先生方のおかげで、難関資格に合格できました!

学校生活で最も思い出深いのは、診療情報管理士の資格に合格できたこと。合格率50%の難関資格で試験対策も難しく、勉強が大変でした。そんな時、私たちが集中できるように熱く導いてくれたのが三幸学園の先生方。今の私があるのは先生方のおかげだと感謝しています。

診療情報管理士科

新田 美紀さん(千葉県立安房高等学校出身)

東海大学医学部付属病院 勤務

先生のバックアップがあったから、難関資格も安心して挑戦できた。学ぶ楽しさを知れたことに感謝!

診療情報管理士の仕事は一つを学んで終わるのではなく、日々勉強し続けることが大切。医療や医学の最新知識を常に意識し、学び、吸収する楽しさを実感できた専門学校の3年間は、私の大きな自信になっています。

診療情報管理士科

根本 綾香さん(千葉県立磯辺高等学校出身)

社会医療法人社団さつき会 袖ヶ浦さつき台病院 勤務

患者様はもちろん、一緒に働くスタッフにも信頼される存在になりたい。

医療事務は自分次第で日々ステップアップできる仕事。毎日多くの患者様が来院しますが、できるだけ顔と名前、症状を覚え、「あれから調子はいかがですか?」と声掛けするようにしています。

医療秘書科

作本 恵梨さん(千葉県私立木更津総合高等学校出身)

医療法人社団 恒久会 山口医院 勤務

社会人として必要な心を磨けた2年間は私の一生の宝物。

在学中は専門知識以外にも多くを学びました。中でも礼儀や言葉遣いを厳しく教えていただいたことや、たくさんの学校行事を通して仲間と協力して内面を磨けた経験は私の大きな財産です。

医療秘書科

北島 亜沙花さん(千葉県立千葉北高等学校出身)

慶應義塾大学病院 勤務

もっともっと自分を高めて人の役に立てる人材に成長したいい。

大学病院で働く夢が叶った今、診察がスムーズに進むよう診察室内での補助を行なっています。目標は先生や患者様に信頼されること。いずれは介護の資格取得に挑戦し活躍の場を広げたいです。

医療秘書科

高柳 優香さん(千葉県立多古高等学校出身)

社会福祉法人 聖隷福祉事業団 聖隷佐倉市民病院 勤務

日々新たな知識が身につく現場で自分の成長を感じられることが大きなやりがいです。

医療現場は専門用語が飛び交うため、中には分からない用語も。そんな時は自分で学習するのですが、どんどん分かるようになる過程が本当に楽しくて。もっと勉強して、一日も早く一人前の医療従事者になりたいですね。

医療秘書科

加瀬 小夏さん(私立千葉学芸高等学校出身)

セントラル薬局千葉店 勤務

自分にぴったりの仕事に出会い、日々成長を実感できるのは、背中を押してくれた先生のおかげ。

就職先の進路で迷っていた私に、調剤薬局を勧めてくれたのが担任の先生でした。薬剤師や患者様と触れ合えるアットホームな職場は私にぴったり!元気な挨拶と笑顔を大切に、毎日楽しく仕事に取り組んでいます。

医療秘書科

このページの上部へ