在校生インタビュー |通信制高校・単位制高校の飛鳥未来きずな高等学校

やったらできた!を繰り返して、成功体験を重ねる在校生にインタビュー! やったらできた!を繰り返して、成功体験を重ねる在校生にインタビュー! 飛鳥で見つけた自分らしさ

夢は、人を笑顔にするパティシエ。自由に私らしくいられる学校です。

前の高校では調理系の科で学んでいました。いろいろ悩みながらの日々でしたが、もし学校が変わっても「夢は諦めたくない!」と思い、自分でインターネットで検索。そこでグループ校に仙台スイーツ&カフェ専門学校がある飛鳥未来きずな高校を見つけたんです。通信制の学校とはいえ、ここでは映画鑑賞や校外学習などの行事がたくさんあり、頼れる先生方もいてとにかく居心地がいい。夢に向かって安心して学べています。

櫻井 歩美さん

辛かったら逃げることも大事。私はこの学校で再出発できました。

中学・高校と不登校だった私。でもここに来てからは、毎日通うことが本当に楽しくなりました。友達もできたし勉強も楽しい、今は大学進学に向け先生にあれこれ相談しているところです。もともとネガティブだった考え方も、いつの間にかポジティブに。全てはこの学校の先生や友達、明るい雰囲気のおかげです。今悩んでいる人へ言えるのは、辛かったら逃げることも大事ということ。一度、学校見学に来てください!

大谷 恵都さん

好きなことを仕事に!そう思えたのは飛鳥だから。

私は事務系の仕事が向いていると思うので、将来は公務員になるのが夢です。卒業までには、みんなの前でもしっかり自分の意見を話せるようになりたいなど、自信をつけていきたいことがいっぱい!また、ここには何かしら悩んだり傷ついてきた人が多いです。だからお互いに気遣いあうことはあっても、誰かを傷つけるようなことをする人はいません。そのおかげで私も今、楽しく前向きに学校に通えています。

佐藤 未来さん

やったらできた!を繰り返して成長するオリジナル教育システム やったらできた!を繰り返して成長するオリジナル教育システム

SANKOサクセスシステム やったらできた!を繰り返して、成功体験を重ねる。これが私たちのSSS(SANKOサクセスシステム)です。

SANKOサクセスシステム SANKOサクセスシステム

飛鳥未来きずな高等学校では、学内イベントやトライアルレッスンなど、数多くの「チャレンジの場」が与えられます。それら一つひとつは、学生が自分自身を磨き、成長するために用意された大切なチャンス。自信がなくても「やってみたい!」そんな気持ちがあれば、どんな時も必死になってフォローし、熱心に励ましてくれる先生が飛鳥未来きずな高等学校にはいるから、最後まで本気になって頑張れます。「一生懸命やった。やったらできた」その成功体験は自信となり、自分の道を拓く大きな力となるでしょう。