自分のスタイルに合わせて学べる飛鳥未来きずな

保護者・学校関係者の方

①通信制高校が選ばれる理由

自分のライフスタイル・ペースで学び、学費の負担が少なく高校卒業資格が取得できます。

1.自分のペースで学習できます

自分のライフスタイル・ペースにあわせて勉強したり、友達と遊んだり自分自身の時間を大切にできます。高卒資格を目指している人、仕事をしている人、芸能やスポーツと学校を両立させたい人、不登校気味なので気持ちの状態に合わせて通学したい人など、生徒一人ひとりの状況に柔軟に対応出来る学習形態です。

2.今の高校・前籍高校の単位を引き継ぐことができます

現在通っている高校からの転編入学も随時受け付けます。前の高校で修得した単位を引き継ぐことができ、各自の状況に合わせて、最短での卒業を目指せます。さらに単位制を採用しているため留年の心配もありません。

3.通信制高校は今、見直されています。

全日制・定時制高校が年々減少する中、通信制高校はその学びの多様さから需要が拡大し、学校数は増加傾向です。また、少子化に伴い全日制・定時制高校は急激に生徒数を減らしている一方、通信制高校の減少幅はゆるやかで、2016年度には前年比増となり、2018年度は前年比約4000名ものプラスとなるほど人気を集めています。「夢を持ちながら自分らしく学ぶ場」として通信制高校は今後ますます期待される学びの場となります。

4.学費の負担が少ない点も魅力!

学費の負担が少なく、学割や奨学金制度も適用!

飛鳥未来きずなは通信制高等学校

飛鳥未来きずな高等学校に入学 ベーシックスタイル(28単位)の場合

飛鳥未来きずな高等学校=学校教育法第一条に定められた高等学校です。=学費 約33万円

A校(通信制サポート校)に入学 28単位のコースの場合

A校(通信制サポート校) 学費 約34万円+通信制高校(提携校) 学費 約38万円=2校分の学費が必要になる 学費合計 約72万円

通信制高校とは

学校教育法により「高等学校」と定められており、レポート、スクーリング、テストなど一定の条件を満たせば高校卒業資格を取得することができます。その為、学割や就学支援金奨学金制度が適用されます。

通信制サポート校とは

学校教育法で「高等学校」と定められていません。通信制サポート校は、3年間で卒業が出来るよう単位修得・進級などに必要とされる支援を行う教育機関です。多くの場合は通信制サポート校と通信制高校が提携しており、両方の学校に同時入学する必要があり学費は両校分必要となります。また、スクーリングもサポート校とは場所が異なります。

奨学金を利用した【三幸学園初期費用軽減&学費分割制度】【学費サポート】(国のローン・提携学費ローン)もご用意しております。

是非学校へご相談ください。

※キャンパスによって一部制度が異なります。

詳しくは募集要項をご覧ください

②選べる通学スタイル・選べるコース

選べる通学スタイルについて

お子さまのリズム、ペースで通えるたくさんの通学スタイルをご用意しています。
事情やライフスタイルに合わせて入学後のの変更も可能です。

通学スタイルについて詳しくはこちら

選べるコースについて

お子さまの進路目標や好きなこと・チャレンジしたいことをより専門的に学ぶことができるコースを多数ご用意しています。(コースの受講は任意)

選べるコース&トライアルレッスンについて詳しくはこちら

③卒業後の進路までしっかりサポート

日々の学校生活から進路選択までしっかりサポートするので、高い進路決定率を誇ります。

1.三幸学園グループ校だから卒業後の進路も安心。

飛鳥未来きずな高等学校の姉妹校の専門学校(医療・福祉・看護系、スポーツ系、美容系、ブライダル・観光系、保育系、調理製菓・カフェ系)や大学に優先的に進学出来るのはもちろん、全国で学校運営のノウハウがある法人のため、進学や就職の幅広いサポートが可能です。

姉妹校の専門学校に進学した場合、
選考料2万円+授業料10万円の計12万円免除
となる制度もあります

飛鳥未来きずな高等学校の進路決定率 飛鳥未来きずな高等学校の進路決定率

進学先・就職先実績を見る

各種ガイダンス

進学・就職にあわせて校外での合同ガイダンスに参加します。また、学校内では進路調査を行い、それぞれの進路計画を立てていくための各種ガイダンスなどを実施しています。

  • 進学ガイダンス

    進学ガイダンス
  • 就職ガイダンス

    就職ガイダンス
  • 保護者ガイダンス

    保護者ガイダンス
  • 姉妹校ガイダンス

    姉妹校ガイダンス
  • 校外進路ガイダンス

    >校外進路ガイダンス

個別フォロー

担任と個別面談を実施し、一人ひとりの希望進路や状況を確認していきます。また、面接練習や履歴書、小論文などの添削も個別に見ていきます。

AO入試・推薦入試バックアップ(指定校推薦含む)

近年では、入試制度の多様化で、AO入試や推薦入試による大学・短大・専門学校合格者が増加しています。飛鳥未来きずな高等学校では、全国のネットワークを生かし、志望校合格のためのバックアップを行っています。

2.飛鳥未来きずな高等学校の学生サポートシステム

先生によるメンタルサポート

合わせてスクールカウンセラーによるフォローも可能です。

資格を持った先生が、生徒一人ひとりが楽しく安心して学校生活を送れるよう、しっかりとメンタルサポートを行っています。勉強のことや生活のこと、友達関係などどんな相談にも親身になって対応します。

先生は全員、青少年健全育成のスペシャリスト

あすかネット☆ 卒業フォローアップシステム

お子様の学習状況を携帯電話やスマートフォンを利用して、いつでも簡単に確認していただけます。自己管理が苦手な生徒も学校と保護者の方のしっかりとしたサポートで確実に卒業を目指すことができます。

個別指導および担任制

一緒に充実した高校生活を創っていく。そんな想いで、一人ひとりをサポートしています。

佐々木 康人

佐々木 康人先生

生徒一人ひとりが抱えている想いをしっかり受け止められるよう、私たちは先生として、また人生の先輩として、生徒達に接することを心がけています。勉強面も、それぞれのペースで進められるよう、きめ細やかにフォロー。常に教員が全員体制で充実した高校生活が送れるよう、支えていきます。

開放的な職員室と充実した学習環境

職員室は「いつでも生徒と先生が対話できる」開放的な環境になっています。教室も目的に合わせて多様な設備を備えております。

④30年以上の歴史ある教育システム

30年以上の歴史ある三幸学園が培ってきた「SANKOサクセスシステム」で確実に成長。

一人ひとりの可能性を育み、あきらめない教育を実践。

次のステップに進むために、一般社会人として、その環境で適応する人材の育成が必要です。飛鳥未来高等学校では、そのような人材育成のために、一人ひとりの可能性を見つけ、育み、あきらめない教育を実践し、「おもいやり・礼儀・自他の尊重・奉仕の気持ち」の大切さを伝えています。さらには、授業や行事、放課後の活動、日常のコミュニケーションなどにより、一人でも多くの生徒たちに『喜び・感動・充実感』を体感させられる活動に力を注いでおります。

例えば、人と会った際は、必ず挨拶をする。人に何かしてもらった時は、「ありがとう」と感謝の気持ちを伝える。行事などでは一人ひとりに役割を与え、「自分にもできる。やればできる。」という経験をしてもらう。教育環境として、諸規則を守ることの大切さを伝えながら、個性を尊重し、あきらめることのない指導に取り組んでいます。

めざす学校像 めざす生徒像

全国12都市で技能と心の調和を目指しスペシャリストを育成する三幸学園グループ

三幸学園グループは、通信制高校のほか、全国12都市で、60以上の専門学校、1大学、1短期大学を運営する教育機関です。30年以上「技能と心の調和」を教育理念として教育をしてきたノウハウで、全ての生徒をあきらめずに教育し、社会へ送り出します。

全国に広がる信頼の三幸学園ネットワーク

全国に広がる信頼の三幸学園ネットワーク

札幌、仙台、千葉、大宮、東京、横浜、名古屋、大阪、神戸、広島、福岡、沖縄

一人ひとりの個性に合わせ、常に挑戦できる舞台を用意し、成功や感謝といった一つひとつの体験をつなぎ合わせることで成長へと導く教育システムが「SANKOサクセスシステム」です。

⑤保護者様の声

ここでチャレンジする勇気を持てた娘。これからの娘の歩みが楽しみです。

自分に自信を持てず、心から変わりたい!と願っていた娘がこの学校への入学を希望。実際に見学に来て、自分で考え、計画を立てていくシステムは娘に合っているなと感じたし、娘の居場所はここにあると確信しました。信頼できる先生や仲間と出会え、笑顔が増えた娘の姿に親として幸せを感じています。

姉妹校 木下 佳子さん 保護者 木下 史江さん

この学校に入り、笑顔が増えた息子。高校生活を大いに楽しんでほしい。

正直、通信制高校にはいいイメージを持っていませんでした。でも、実際に学校を見てみると、とても雰囲気がよく、この学校なら!と入学の後押しをしました。入学後、人前に出るタイプではなかった息子が、文化祭で実行委員を務めるなど、楽しそうに通っている姿を親として嬉しく思っています。

姉妹校 坪上 翔哉さん 保護者 坪上 由紀さん・信一さん

思い悩んだ日々があったからこそ、今がある。そう言える強さと将来の夢を持てました。

本校の魅力は、誰かに話すには勇気のいる悩みや事情を抱えた生徒を受け入れてくれること。「飛鳥未来に転校してよかったわ~。以前の俺、めっちゃ病んでたよね」。今では、そう言って笑う息子。悩んだ日々があったからこそ、精神保健福祉士の資格を取る勉強がしたいと、国公立大学への進学を決めました。

姉妹校 小山 昴祐さん 保護者 小山 久美さん

ネガティブだった息子が明るくなり、自信も芽生えたように感じます。

全日制の高校に通えなくなり、留年は避けたい...。その思いから息子と飛鳥未来へ見学に行き、先生の対応がとても良かったので、転校を決めました。以前はネガティブだった息子が、飛鳥未来に入ってから明るくなり、自信も生まれたようです。生徒としっかり向き合ってくださる先生方を信頼しています。

姉妹校 前田 真さん 保護者 前田 裕代さん