介護福祉科実習について | 学科・コース紹介 | 東京の介護福祉士・保育士・幼稚園教諭専門学校

介護福祉科実習について

現場を肌で感じながら、対応力をつける2つのシステム。

安心して実習にのぞめる!早期現場実習プログラム

入学後早期から、介護施設で週1回は基礎実習(見学)を半日行い、高齢者の方と関わる力を少しずつ学んでいき、ステップアップしていきます。不安を解消しながら確実に技術を身につけます。

プリセプター指導学習(身近な先輩からの指導)

2年生の最終実習は、1年生と一緒に同じ施設へ行きます。2年生(プリセプター)が1年生に指導しながら一緒に実習を行います。

実習先の選び方

1. 希望の施設を徹底チェック

どんな種類の施設か、どこにあるのかなど、まずは、自分で調べて確かめます。

2. 希望実習先の決定

3. 実習指導のもと、実習依頼

4. 実習ガイダンスで実習に向けて最終チェック

5. 実習スタート

実習体験レポート

9:30

現場を体感しながら知識と技術を学べる。

学校が運営する福祉施設で実習。さまざまな声を聞きながら実際の現場で必要な知識・技術を学ぶことができます。

11:00

利用者様と笑顔でコミュニケーション。

一人ひとり利用者様に寄り添った介護で、移動や会話を楽しみながら意思の疎通を図ります。

15:00

お茶などの介助も一つひとつ丁寧に。

食事やお茶などの介助も、実際に経験して気づくことがたくさん。利用者様の立場になって考えられます。

18:00

先輩のアドバイスが生きた教科書に。

1日の介護内容について介護施設の職員からアドバイスをいただきます。実習でしか得られない貴重な成長材料です。

笑顔で利用者様に寄り添える介護福祉士になりたいです。

実習時に心掛けていることは「声かけ」の徹底です。利用者様が安心して介助を受けられるためにもコミュニケーションは大切。授業で習ったことを実習でも実践できるように経験を積んで、利用者様一人ひとりにあった細やかな対応をめざしています。

介護福祉科 福島 あかりさん
埼玉県 私立 花咲徳栄高等学校 出身

このページの上部へ