介護福祉科実習について | 学科・コース紹介 | 東京の介護福祉士・保育士・幼稚園教諭専門学校

介護福祉科実習について

現場を肌で感じながら、対応力をつける2つのシステム。

安心して実習にのぞめる!早期現場実習プログラム

入学後早期から、グループ内の介護施設「癒しの里」で週1回半日基礎実習(見学)をおこない、高齢者の方と関わる力を少しずつ学んでいき、ステップアップしていきます。不安を解消しながら確実に技術を身につけます。

プリセプター指導学習(身近な先輩からの指導)

2年生の最終実習は、その施設へ1年生も実習に行きます。2年生(プリセプター)が1年生に指導しながら一緒に実習をおこないます。

実習先の選び方

1. 実習したい施設を徹底チェック

どんな病院・施設か、どこにあるのかなど、まずは、自分の目で、足で確かめます。

2. 希望実習先の決定

3. 実習担当の先生が、施設へ実習依頼を開始

4. 実習ガイダンスで最終チェック

5. 実習スタート

実習体験レポート

10:00

レクリエーションをサポートします。

手指の運動をされているご利用者様のそばでフォローしながら見守ります。

12:00

美味しく感じていただけるよう丁寧に食事介助。

ご利用者様が楽しみにされている時間。バランスよく美味しく食べてもらえるようサポートします。

14:00

移動介助の際は会話も大切にしながら。

ご利用者様とお話ししながら移動のお手伝い。足もとなどに気をつけながら、ゆっくりと進みます。

16:00

職員の方から的確なアドバイス!

業務が終わると、職員の方に報告の時間。今日1日を振り返りながら、反省点などは次に活かせるように!

笑顔と生きる力を与えられる
介護福祉士になりたいです。

実習時は笑顔でご利用者様に接することを心がけたおかげで、名前と顔を覚えてもらえてとても嬉しかったです。実習を通して、介護は身体だけではなく心を支える仕事だと実感しました。また、介護は生活の延長線上にあるものだと改めて思いました。この経験を活かし、ご利用者様とご家族に笑顔と生きる力を与えられる介護福祉士になりたいです。

介護福祉科 小野澤 七海さん
長野県丸子修学館高等学校 出身

このページの上部へ