卒業生のお仕事紹介

動画で卒業生の声が聞けるよ!仕事のやりがいやアドバイスについて聞いてみました!

あこがれの保育・医療業界で働く卒業生を紹介

武蔵野赤十字病院のクラークとして内定!!

「武蔵野赤十字病院」に内定

田中 美空さん

(私立日本大学明誠高等学校出身)

元々憧れていた病院で、4週間の病院実習もお世話になっていました。受験職種を迷っていましたが、実習中の経験や担任の先生からのアドバイスもあり、クラーク業務が自分には向いていると思い受験しました!これから患者様から頼られるクラークとして活躍したいです。

医療秘書科

温かみのある地元のクリニックに内定!!

「さいわいこどもクリニック」に内定

山川 琴美さん

(東京都立神代高等学校出身)

入学当初は「病院」の勤務を希望していましたが、学校での学びや病院実習を通してクリニックでの仕事の幅の広さや責任の大きさを感じ、受験を決意しました。スタッフの皆さんと協力して、地域のこどもの成長を見守れる医療事務員になりたいと思います。

医療秘書科

クリニックに来たこどもたちが元気になって帰る姿を見ると、仕事にやりがいを感じます。

「藤沢こどもクリニック」に就職

田河 鈴さん

(私立京華女子高等学校出身)

こどもと関わる仕事につきたかったので、小児クリニックに就職しました。そこで受付や会計など事務全般をはじめ、呼び込みや看護助手なども担当しています。仕事のやりがいを感じるのは、こどもたちの笑顔を見た時。「今日はありがとう!」と言いながら手をふってくれたり、元気になって帰る姿を見たりすると、この仕事を選んでよかったと感じます。

医療秘書科

誰かの役に立てたと実感できやりがいと喜びを感じる「ありがとう」の言葉。

「キッコーマン株式会社 キッコーマン総合病院」に就職

張替 菜々子さん

(茨城県立境高等学校出身)

外来の受付が私の仕事。来院された患者様の受付や診断書などの書類を預かったり、最近は患者様のお会計を出す算定業務なども任されています。仕事のやりがいを感じるのは、「ありがとう」と言われた時。患者様やそのご家族、一緒に働くスタッフから感謝されると、誰かの役に立てたと実感できうれしいです。

医療秘書科

学校内での就職説明会をきっかけに受験をして、内定!

「ぽけっとランド・キッズ大陸」に内定

長田 麻希さん

(山梨県立上野原高等学校出身)

齋藤 麻也香さん

(佼成学園高等学校出身)

田上 礼菜さん

(再進学者)

中村 優花さん

(みずほ農芸高等学校出身)

通学している校舎内に「ぽけっとランド立川保育園」があったおかげで、日ごろから園児と触れ合ったり、先生の様子を見ていました。更に校内で行われた「就職説明会」に園長先生や採用担当者が来てくれて、実際に働いている人から保育園の様子や働く環境について詳しく話を聞くことができ、安心して受験できました。保護者の方から信頼され、安心して預けていただけるような保育者を目指して頑張ります!

保育科

大きく成長できる環境が整っていた学生時代。そのおかげで、幸せを感じられる今がある。

「学校法人桐誠学園 府中新町幼稚園」に就職

矢代 光さん

(神奈川県立市ケ尾高等学校出身)

専門学校の先生方は、私の“こうなりたい”という理想を後押ししてくれました。多彩な授業や行事を通して、いろんな自分を発見し、大きく成長できたと思います。2年間で保育士と幼稚園教諭の資格を取得し、現在は幼稚園で3歳児を担当。保育士は責任の大きい仕事ですが、そのぶん日々の喜びややりがいも大きいです。

保育科

こどもの笑顔が自分の成長にもつながる。保育士は、幸せを感じられる仕事です。

「社会福祉法人神奈川労働福祉協会小鳩保育園」に就職

藤巻 りい菜さん

(神奈川県立湘南台高等学校出身)

元気いっぱいのこどもたちと過ごす毎日は、とても楽しく明るく充実しています。近頃は運動会の練習で、こどもの「いろんなことをできるようになるぞ!」という前向きさをサポート。こどもたちが笑顔になれるよう精一杯手助けをすると同時に、自分自身も成長していけるのが保育士の仕事の魅力だと思います。

保育科

こどもたちや保護者の心もケアできる先生になりたい。

「社会福祉法人けいわ会 杉並の家保育園駅前分園」に就職

田中 那奈さん

(石川県立輪島高等学校出身)

保育士として働く今、こどもたちの成長を間近で見られることが幸せです。また、こどもは大人の精神的な不安に影響を受けやすいので、保護者のケアも大切な仕事だと実感しています。これからもっと経験を積んで、いずれは病児保育士になるのが夢。病気で苦しむこどもたちの心を支えられるようになりたいです。

こども総合学科

こどもたちが体調を崩したときに、病児保育の知識が役立っています。

「株式会社ブロッサム さくらさくみらい 石川台」に就職

橋口 美妃さん

(東京都私立日出高等学校出身)

こどもたちが病気やケガをしたときに、自分の手で何かをしてあげたい。そんな保育士を目指していた私にとって、病児保育を学べる専門学校は理想の環境でした。実際に保育園で働くようになり、こどものケガに対応したり、感染症が流行った時には保護者に説明したりと、学校で教わった知識が役に立っています。

こども総合学科