卒業生のお仕事紹介

あこがれの保育・医療業界で働く卒業生を紹介

看護学やクラーク業務、学んだ全てが役立っています

「武蔵野赤十字病院」に就職

稲森 萌さん

(東京都私立大成高等学校出身)

看護師のサポートがしたくて看護クラークコースで学び、今は念願の病棟クラークとして働いています。在学中は医療従事者として必要な基本がしっかり学べ、また熱心な先生方に支えられたくさんの資格や技も得ることができました。患者さまが退院される時や、笑顔でお礼の言葉を言ってくださる際は、嬉しさとやりがいを感じています。

医療秘書科

いつでも優しさと笑顔で接し、子どもたちの安心の元になりたい

「さいわいこどもクリニック」に就職

山川 琴美さん

(再進学者)

私は子どもが大好き。だからこそ、病気で辛い、苦しい思いをしている子どもたちのそばにいてあげたいと考え、この仕事を選びました。常に心掛けているのは、120%の気遣いと笑顔。待合室で子どもたちと遊んだ、お話しして保護者様のサポートをすることもあります。今後も初心は絶対に忘れず、心のこもった対応ができる人材に成長したいです。

医療秘書科

医師から頼られる存在として常に学びの姿勢を忘れない

「医療法人財団中山会 八王子消化器病院」に就職

松村 来美さん

(東京都私立日本体育大学桜華高等学校出身)

病院の要である医師をサポートする外来クラークをしています。外来クラークの仕事は、医師がより多くの患者さまに対応できるようお手伝いできる、患者さまのお話を聞くことで感謝されるなど、多くのやりがいがります。この職業に就くためカリキュラムが整った本校に入学しましたが、実践的な授業のおかげで学んだ多くが活かされています。

医療秘書科

患者さまの気持ちを一番に考え心に寄り添える人でありたい

「株式会社龍生堂」に就職

大木 昌美さん

(山梨県立山梨高等学校出身)

医療事務の仕事は、知識やできることが増えるたびに成長を実感できる素晴らしい仕事。苦手な分野でも、まずは一歩踏み出す姿勢を教えてくれた三幸学園の先生方に、感謝の気持ちでいっぱいです。将来の目標は患者さま一人ひとりに合わせた応対ができる人になること。医療チームの一員である責任感を胸に、細やかな気配り・心配りを大切にしていきます。

医療秘書科

患者さまと医師の懸け橋となり、よりよい医療を提供したい

「戸田中央産院」に就職

北田 千晶さん

(東京都私立帝京高等学校出身)

病棟クラークとして入院患者さまの点数計算や診断書の作成・確認を担当する今、常に胸に刻んでいるのは「どんなことにも一生懸命であれ」という恩師の言葉。医療秘書の仕事は、医師を支える縁の下の力持ち。責の大きい仕事で、毎日の勉強の積み重ねが大切です。今後も自分のスキルを上げるため、上位資格にも積極的に挑戦していく決意です。

医療秘書科

気持ちよく通院できる雰囲気づくりも私たちの大切な仕事の一つです

「鎌ヶ谷バースクリニック」に就職

小手 紗耶加さん

(茨城県立取手松陽高等学校出身)

祖母の入院をきっかけに医療の仕事に興味を持ち、現在は産婦人科の窓口で受付や会計業務を行っています。実習のときに産科の仕事を体験させていただき、生命が誕生する場で働けることに魅力を感じて就職を決めました。日々の仕事では、患者さまが気持ちよく出産・通院できるような雰囲気づくりを心がけています。

医療秘書科

三幸学園の専門学校を選んだ理由は、人間性も磨けると思ったから

「MBK連合健康保険組合」に就職

小野 ゆみかさん

(福島県立いわき光洋高等学校出身)

健康保険組合に勤務し、会計と総務を担当。陰ながら患者さまのお役に立てる仕事に、やりがいを感じています。私が三幸学園の専門学校を選んだのは、専門知識の習得だけでなく、人としても成長できると思ったらです。今、社会人として恥ずかしくない行動をとれるのは、先生方のマナー指導のおかげだと感謝しています。

医療秘書科

専門学校での学びや経験が、仕事の現場で大きな強みに!

「医療法人社団愛友会 上尾中央総合病院」に就職

田中 愛子さん

(再進学者)

初めは大学で法律を学んでいましたが、医療事務の仕事に魅力を感じ、資格取得のために専門学校に再入学。希望していた大きい病院への就職も実現し、現在は医療事務として受付を担当しています。学生時、私はクラスメイトよりも年齢が少し上でしたが、すぐに打ち解けて仲良しになりました。みんなで団結した行事もいい思い出です。

医療秘書科

こども達がかわいい!やりがいをかみしめています

「社会福祉法人造恵会 府中めぐみ保育園」に就職

横井 咲さん

(東京都私立八王子実践高等学校出身)

在学中に制作したスケッチブックシアター等の制作物は、実際の現場ですぐに使えました。こども達も大好きで、知らない歌でも覚えて歌ってくれます。自分が作ったものでこども達が「すごい!」と喜んでくれる時はしいです。また、こども達が嬉しいことを話してくれたり、悲しい時に頼ってくれた時にもやりがいを感じています。

こども総合学科

こどもの成長を見られるのが、保育の仕事の大きな喜び

「学校法人田口学園 江古田幼稚園」に就職

杉原 沙月さん

(東京都私立貞静学園高等学校出身)

専門学校での委員会活動や授業の発表を通して、人前で何かをすることを楽しめるように。そのおかげで今は幼稚園の先生として、仕事にもやりがいを感じています。学生時代の実習とは違って長期的にこどもとごせるので、そのぶん成長を実感。保護者とも情報を共有しながら、一緒に喜べるのがうれしいです。

こども総合学科

こどもの成長を近くで感じ一緒に笑顔になれる仕事

「社会福祉法人コビーソシオ コビープリスクール みさととがさき」に就職

上田 萌さん

(東京都私立共栄学園中学高等学校出身)

こどもが大きく成長する大切な時期に、たくさんのことを伝えられるのが保育士や幼稚園教諭。一緒に笑顔になれる、とても素晴らしい仕事だと感じています。専門学校の授業で作った紙皿シアターやエプロンシアーなども、現場で活躍。こども達の前で披露すると、楽しそうに見てくれるのがうれしいです。

こども総合学科

こども達をもっと知りたい「大好き」を全身で伝えたい

「学校法人土方学園 立川かしの木幼稚園」に就職

土方 萌さん

(再進学者)

4年制大学を卒業後、2年間で保育士・幼稚園教諭資格を取得できる東京保育医療秘書専門学校の門を叩きました。皆より年上だったのでクラスに馴染めるか心配でしたが、そんな不安は無用でした。素晴らしい仲間と先生に会い、夢を叶えることができました。私たち保育者は、こども達の人生のはじめての先生。一緒に感動したり笑ったり、毎日が発見の連続です。

保育科

在学中の経験を活かしてチームワークの保育を実践

「社会福祉法人菊美会 日野第二保育園」に就職

小林 若菜さん

(東京都立小平西高等学校出身)

専門学校では保育の専門知識だけでなく、社会人としての常識やより良い考え方を教えていただきました。中でも委員活動で周囲と協力する大切さを学び、今は職員同士で力を合わせ質の高い保育の提供を心がけいます。一人でお片付けができるようになったり靴下がはけるようになったりするこども達と一緒に、私も日々成長していきたいです。

保育科

「好き」を仕事にできた喜びをかみしめながら働いています

「ぽけっとランド立川保育園」に就職

中村 優花さん

(東京都立瑞穂農芸高等学校出身)

ずっと小さい子が好きで、温かい先生方に支えられて念願の保育士になる夢が叶いました。在学中に手遊びや童謡をたくさん学べたおかげで、新任でも自信を持ってこども達と一緒に遊べています。保育士の魅力こどもの成長を間近に感じたり、可愛い笑顔をたくさん見れること!「せんせーい」と抱きついてくれると、頑張るパワーが湧いてきます。

保育科

こどもの成長や保護者の言葉が私の喜びにつながっています

「学校法人須﨑学園 立川双葉幼稚園」に就職

白石 美穂さん

(東京都私立東海大学菅生高等学校出身)

在学中の模擬保育の授業が、とても役立ちました。保育の実践の後に良かった点や改善点を第三者に評価いただくのですが、評価を参考に試行錯誤を繰り返したことで、就職後に自信を持ってこども達に接するとができました。今は1年目で担任補助の立場ですが、担任になれたら今まで学んだすべてを活かした保育を提供したいです。

保育科

小さい頃から描いていた夢をカタチにできたのは先生方のおかげ

「学校法人桐誠学園 府中新町幼稚園」に就職

岩岡 美季乃さん

(再進学者)

一期生としてこの学校に入学し、経験豊富な先生方と近い距離で学べた2年間は私の礎。手遊びやピアノなどの実技を何度も練習したり、アットホームな授業の中で積極的に発言したり。夢を叶えるためにただただ全でした。保育者になった今、こども達の成長を感じるたびにやりがいを実感。こども達が書いてくれる手紙や似顔絵は一生の宝物です。

保育科