Oto_pic_01.jpg
◆調理師を目指したきっかけは?
私は高校卒業後、会社の事務員をしていました。勤めていた会社では食堂と呼ばれている部屋はあるものの、厨房設備は無く、ただ社員が集まって食事をすませるだけの部屋でした。そこで、コンビニ弁当やインスタント食品を食べている社員の方々を見ていて、温かい手作りの料理が食べられる食堂があれば良いなと思っていました。そして、そこから私自身が社員の健康を支える人になりたいと思えた事がきっかけです。

◆入学前に不安に思っていたことは?
今まで調理経験が全くなく、勉強も苦手なので入学してから上手くいくか不安でした。
 
◆辻学園に決めた理由は?
色々な学校のオープンキャンパスに参加しましたが、特に辻学園はどの先生方も熱心で気持ちのこもった親身な話をしてくれました。話を聞いていく中で、この学校なら調理実習も楽しく、技術も確実に学べると感じたので入学を決めました。

◆実際に入学後、学生生活を過ごしてみてどうでしたか?
調理の授業では基本から始まり、常に身近に先生方がいてくれるので、質問やアドバイスを受ける事がすぐに出来て技術を上げていけています。また座学担当の先生方もプリント等を用意して下さり、調理知識の少ない私にも分かりやすい授業です。クラスメイトは本当に年齢が幅広いですが、それを感じさせない程、みんな仲が良いです。しっかりとケアをして下さる先生方がいてくれるからこそ生まれる良い環境だと思います。

◆就職活動は大変でしたか?
正直、最初は調理のアルバイト経験もなく、初めての仕事をきちんとこなせるのか、自信がありませんでした。ただ、辻学園には授業以外にも自主練習が豊富に出来る環境があり、不安を打ち消すために練習に取り組んでいると自ずとコツをつかむことが出来て、校内コンクールで賞を貰えるまでになりました。それが自信につながり、就職活動も胸を張ってやっていくことが出来ました。内定を頂いた企業は世界中に拠点をもつ、大きなレストラン企業で、社員に向けての教育もしっかりしていて『働きながら学べる』と言う点に魅力を感じ決めました。学校と企業には長い交流がありその関係性や学校の先生方による面接練習や履歴書指導等のサポートに、就職活動中すごく助けられました。

◆将来の夢は?
地道に料理の経験を積んでいき、多くの人に健康を支える食事を提供していきたいです。


Miyamori_pic_01.jpg
◆パティシエを目指したきっかけは?
最初は調理にも興味があったのですが、姉が調理に進んだので、自分は別分野を選んでみようかなと思った事と、甘い物が大好きなのでつくってみたい、勉強したいと思い、製菓を選びました。高校卒業後はその夢を叶える為、アルバイトをして学費を貯めていました。

◆入学前に不安に思っていたことは?
楽観的な性格なので、特に不安は無かったのですが、強いて言うなら入学後に友達ができるか、就職が決まるかの2つは不安でした。

◆辻学園に決めた理由は?

実は姉が、先に辻学園の調理学科を卒業しているという事もあって、入学前から学校の事は色々と話を聞いていました。なのでお菓子を勉強するなら辻学園が良いって思ってたんですよね。ただ自分の目でも確かめてみたいって言う思いはあって、もちろんオープンキャンパスにも参加してみました。そしたら、尚更ここで学びたいって感じたんです。

◆実際に入学後、学生生活を過ごしてみてどうでしたか?
2つの不安のうち、『友達』は行事の多い学校という事もあり、すぐに沢山できました。後で知ったことですが、その中で自分よりも年上の方もいたという事に少し驚きましたが(笑)ようは多少の年齢差なんて気にならない環境が、ここにはあるんですよね。不安に思ってたのは自分だけっていう(笑)そんな感じで、年上、年下共に多くの友達に囲まれて楽しく学んでいます。
もう1つの不安の『就職』に関しては、就職指導の先生、担任の先生が就職のイロハを教えてくださったり、自分に合った企業を勧めてくださったりと、本当に就職活動をしやすい環境が整っているので、すごくスムーズに動くことが出来ました。

◆就職活動は大変でしたか?
最初のうちは、就職先をどうやって決めればいいかで悩んでいましたが、先生方が企業分析の仕方や、ポイント、自分の適性にあっている企業など様々な指導をしてくださり、その中でここで働いてみたい!と思える企業を見つけることが出来ました。その後は、先生方と実戦的な面接練習や質問応対などを頑張り、無事内定を頂けました。働いてみたい企業に出会えたことと、その企業が自分を選んでくれたことに、幸せ・感謝を感じています。

◆将来の夢は?
将来は国内外で経験を積み、自分の創ったお菓子で世界中の人を、笑顔にしてあげたいです。そしていつか、学校の先生として戻ってきて、お世話になった学校に恩返しと、自分がしてもらったように生徒たちに親身な指導をしたいと思っています。


Kuwabara_pic_01.jpg
◆調理師を目指したきっかけは?
辻学園に入学する前は大学に通っていました。ですが、高校在学中から調理師という職業に興味があり、好きな事を仕事にしたいと思い、思い切って大学を辞める事を決断しました。その後は、調理の学校に入るために1年半働き、お金を貯めて辻学園に入学する事が出来ました。

◆入学前に不安に思っていたことは?

年齢の事です。高校卒業してすぐに辻学園に入学した子達と、3つ年齢が離れているので、とても不安でした。
 
◆辻学園に決めた理由は?
朝、夕方の練習やスキルアップレッスンがあり、一人一人が技術を丁寧に身近で教えてもらえる事と、しっかりとした就職活動のサポート体制がある事、『100年にもなる、日本で最初の料理学校』と言う信頼とブランドに、魅力を感じたからです。

◆実際に入学後、学生生活を過ごしてみてどうでしたか?
辻学園は他の専門学校と比べて非常に既卒者の割合が多くて、私の在籍する調理師科(1年制コース)はクラスの半分が、既卒者なんです。話をしてみると、私と同じ境遇の人が多くいて、頼もしい仲間を手に入れたような安心感を覚えました。入学前は、年齢が違う事を不安に感じていましたが、スタートアッププログラム(授業開始前オリエンテーション)などもあり、年上や年下の方達とも、年齢を気にすることなく交流が出来て、良い関係を築かせてもらっています。同世代だけのクラスでは、ここまで色々な経験は出来なかっただろうなあと思います。

◆就職活動は大変でしたか?
私は調理師として長く働きたいと思っていたので、女性が働く上で優しい環境が整っていること、福利厚生がしっかりしていること等を1つの目安にして、就職活動をしていました。その中で、そういった取り組みを意欲的にされていて、社内で料理コンテストやクラブ活動まで行っている阪急阪神ホテルズ様に出会い、ここでなら働きながら、成長も出来る!そう思い、エントリーし、内定を頂きました。活動の際には、先生方に様々な事を指導して頂きましたし、学校内でもホテルや企業の説明会が開かれているので、すごく動きやすかったです。
 
◆将来の夢は?
まずは、しっかりと技術、経験を積み重ねていき、日本料理の女性料理長を目指します!そして料理で多くの人に幸せな気持ちに、なってもらえるよう頑張ります!


Hashimoto_pic_01.jpg
◆調理師を目指したきっかけは?
以前は系の大学に通っていたんですが、その時にスタートした一人暮らしの中で料理をする機会が増えて、もっと知りたい。もっと上手くなりたいって、気持ちになったんですよね。進路を変える事には悩みましたが、やりたいって気持ちを抑えきれなくて決断しました。


◆入学前に不安に思っていたことは?
スタートが周りより2年間遅れたことは、正直不安でした。


◆辻学園に決めた理由は?
最初は、他の専門学校と悩んでいました。そこで、オープンキャンパスに参加してみたのですが、迷っていた時間が嘘のように答えはすぐに出ました。『1人1人をしっかりと指導してくれる少人数制度』『家族のような先生と生徒の雰囲気』『100年続いたからこそ成しえる全国、海外とのつながり』、気付けば「ここしかない!」ってなってました(笑)

◆実際に入学後、学生生活を過ごしてみてどうでしたか?
年下には絶対負けたくない!と言う思いがあったので、コンクールや実技テストでトップを勝ち取るために、日々自主練習をしています。その甲斐もあり、グルメピック(全国調理師養成施設調理技術コンクール)の西洋料理部門で学校代表に選ばれました。年下との交流は自分から歩み寄って接する事で、自然に馴染めていました。

◆就職活動は大変でしたか?
学生である内から、アルバイトでホテルと個人店を経験した事で、自分は個人店の方が合ってると思いました。
しかし、すごく悩んだ事は、個人店の長い勤務時間と休みの少なさでした。働きながらも様々なことを吸収し、
自己成長を続けていくことを、強く考えていた自分にとってこれは大問題でした。ただ幸いにも、学校とお付き合いのある企業の中で、しっかりと自分の時間を
持つことも出来る個人店も多くあり、その中からひらまつ様と出会うことが出来ました。


◆将来の夢は?
まずは、ひらまつ様でスーシェフになる事を目標に、4月から頑張ります!そして、ゆくゆくは
自分で店を持ち、
ミシュラン2つ星以上を獲得したいと思っています!

01_LINE.jpg 02_Twitter.jpg 04_Facebook.jpg

02_180457.jpg

28_175523.png

28_175543.png

28_175642.png

12_162315.jpg