ニュースリリース

美容師合格者数全国NO.1専門学校における『 ICT教育 』の導入【ビューティーアート専門学校・ビューティー&ブライダル専門学校】

全国で一番多くの美容師合格者を輩出している(※)本学園のビューティーアート専門学校・ビューティー&ブライダル専門学校では、美容業界で必要な力を理解し「活躍できる人材」を育成するため、ICT教育に積極的に取り組んでおります。
卒業後 「どう稼ぎ」「どう人と繋がり」「どう生き残るか」を大切にしており、ICT教育は卒業後に美容業界で活躍するための有効な手段の1つと捉えております。
※2022年第45回美容師国家資格データより

ここでは、本学園で取り組んでいる4つのICT教育の事例についてご紹介いたします。

【ICT教育取組事例】

①VR教材の導入
➡美容師VR教育のパイオニア、株式会社iii(スリー)寺村優太様の全面監修のもと、国家試験の実技科目においてVR教材を導入いたしました。
ヘッドセットと呼ばれる専用ゴーグルを着用することで、脳の錯覚効果により正確な技術を自分ごととしてイメージトレーニングできるため、技術習得のスピードが上がり、国家試験の実技試験合格率向上に繋がります。

差替③.JPG

②Swipe Video(スワイプビデオ)の活用
➡自由視点映像/マルチアングル映像技術「Swipe Video(スワイプビデオ)」を学校行事で活用しております。
視聴者は手元のスマートフォンやタブレット、PCなどから自由に視点切替しながら視聴できるため、
コンテストの審査や卒業生によるデモンストレーションなど、オンラインでの配信でもクオリティの高い映像を見ることができます。

③Swipe Videoの活用.jpg

③メイク授業でのデジタル教科書の導入
➡今まで使用していた教科書をペーパーレス化し、デジタル教科書を作成しております。
解説付き動画でメイクの仕方を学ぶことができるため、手順だけでなく・工程が分かりやすいのが特長です。
また、授業内容の復習を何度もできるため、自主練習としても使用できます。
その他にも、技術の成長記録を残すことができます。

差替②.JPG

④Google機能の活用
➡GoogleClassroom・Googleフォーム機能を活用し、国家試験の学科試験対策を実施しております。
模試問題・解答・解説動画を作成することで、生徒はいつでも・どこでも・何度でも試験対策することができるため、国家試験における学科試験での合格率向上に繋がります。

差替①.JPG

本学園はこれまで、コロナ禍でのオンライン教材の開発や文科省委託事業での先端技術利活用プロジェクトなど、最新テクノロジーを活用した取り組みを積極的に行ってまいりました。
今後も国内外でのICT教育リーディングスクールカンパニーとして、業界を牽引してまいります。
  

  

【本件に関するお問い合わせ先】
学校法人三幸学園 
仙台ビューティーアート専門学校 坂東真弥
TEL: 022-292-3715
Mail: bando-shinya@sanko.ac.jp