ニュースリリース

【SDGs】AI・IT分野専門学校のSDGsの取り組み

学校法人三幸学園では、「人を活かし、困難を希望に変える」と言うミッションのもと、

質の高い教育の提供や、健康と福祉による社会貢献、働きがいを感じられる世の中の実現など、

SDGs(持続可能な開発目標)の課題解決のための取り組みを行っております。

AI.jpg

三幸学園は持続可能な開発⽬標(SDGs)を⽀援しています。

今回はAI・IT分野専門学校でのSDGsの取り組み事例をご紹介いたします。

 

①地域の小中学生たちへ、体験授業を実施

sdg_icon_04_ja_2.png

様々な環境で過ごしてきた地域の小中学生へ、プログラミング体験会を実施しています。

早い段階からAI・ITに実際に触れてもらうことで、一人ひとりの可能性を引き出していきます。

IMG_7041.jpg

 

② x-Tech(クロステック)の学びを通じた社会問題の解決  

             sdg_icon_04_ja_2.pngsdg_icon_09_ja_2.png

いまある社会問題を、様々な業界のノウハウとAI・ITを掛け合わせることで解決し、

より快適で便利な世の中を実現していきます。

ARVR.jpg 

 

三幸学園のSDGsの取り組みはこちらでもご確認いただけます。
https://www.sanko.ac.jp/endeavor/

■SDGsとは
持続可能な開発目標(SDGs)とは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

■東京みらいAI&IT専門学校について
2021年4月開校。システムエンジニア、プログラマ、セールスエンジニア、AIプランナー、AR・VRクリエイターなど、AI・ITを通じて人に感謝され、持続可能な社会に貢献できる人材を育成しております。
IT知識・スキルだけでなく、幅広い業界の業務知識とコミュニケーション能力、創造性を身に付け、即戦力になれる教育を行っています。