ニュースリリース

介護ロボット「眠りSCAN(スキャン)」を用いた授業を専門学校で初めて導入します!【三幸学園 介護福士科】

この度、三幸学園の専門学校の介護福祉科において、介護ロボット「眠りSCAN(スキャン)」を用いた授業を、全国の介護福祉を学ぶ専門学校の中で必修科目として初めて導入します。

介護ロボット「眠りSCAN」見守りシステムは、訪室しなくてもご利用者の状態を把握できるため、介護職員の効率的な夜間巡視や入居者の安眠を妨げることなく安否の確認を行うことができるシステムです。また測定したデータを日中のケアに活用することにより、科学的根拠に基づくケアの改善を行うことができます。
リアルタイムモニター機能の他に、測定した睡眠データを用いて睡眠日誌や呼吸日誌・心拍日誌を自動生成できるシステムも搭載されています。

本学授業の中でこれまで行っていた高齢者の方の睡眠の特徴などを学ぶ座学の内容に、
「介護現場における介護ロボットの重要性」という視点が加えられ、見守り支援システムを実際に使用することで、高齢者の睡眠ケアにどのように介入できるかを演習を通してさらに深く学べる授業になります。表題の通り、介護福祉を学ぶ学校では全国初の導入となります。

三幸学園では、今後も在校生が即戦力となれる学びを提供できるよう、精進して参ります。

【本件に関する問い合わせ先】
東京未来大学福祉保育専門学校 
担当:小平香織 
mail:odaira-kaori@sanko.ac.jp