ニュースリリース

浜野まいかさんがFIFA U-20W杯 準優勝&大会最優秀選手賞の大活躍【飛鳥未来きずな高等学校 神戸キャンパス】

2022年8月10(水)~8月28日(日)にて開催されたFIFA U-20女子ワールドカップ コスタリカ大会で、飛鳥未来きずな高等学校 神戸キャンパス 3年の浜野まいかさんがヤングなでしこジャパンの準優勝に貢献し大会最優秀選手(MVP)に選ばれました。

【クレジット付き】浜野さん①(転用禁止).jpg※無断転載不可

日本は準々決勝でフランス、準決勝でブラジルに勝ち、決勝ではスペインに1-3で敗れて2連覇を逃しましたが、浜野さんは大会通算4得点で大会最優秀選手に贈られるゴールデンボールとシルバーブーツを受賞しました。
浜野さんは帰国後、9月1日(木)に行われた帰国報告会見にて登壇しております。
記者会見アーカイブ:http://www.jfa.jp/news/00030424/

【クレジット付き】浜野さん②(転用禁止).jpg※無断転載不可

飛鳥未来きずな高等学校では2018年にINAC神戸との教育提携を締結。以降、INAC神戸に所属する高校生年代の選手を受け入れ、アスリートの支援・サポートを実施しています。
浜野さんも本校に通いながらサッカーに打ち込んでおり、今後もWEリーグカップや日本代表での活躍が期待されます。

浜野さん③(本校所有).jpg【本件に関するお問い合わせ先】
飛鳥未来きずな高等学校 神戸キャンパス
松本 haruka-matsumoto@sanko.ac.jp