ノロウィルスによる食中毒事故の顛末について 2016年1月15日の記事|オススメ最新情報|横浜(神奈川)の製菓専門学校

文部科学省 職業実践専門課程 学科認定校

オススメ最新情報

ノロウィルスによる食中毒事故の顛末について

各位

 去る12月12日(土)、13日(日)に実施致しましたクリスマスイベントにご参加頂きました皆様には多大なるご迷惑をおかけしたことを心よりお詫び申し上げます。

本校では、今般の事故を厳粛に受け止め、再発防止に向けて、保健所の指導に従い衛生管理を厳格にしていく所存でありますので、今後とも本校の運営にご協力とご理解を下さいますようお願い申し上げます。

 今般の事故の顛末について、以下のとおり報告させていただきます。

昨年12月15日(火)、イベントにご参加頂きました皆様からの連絡を受けて、本校より保健所に当該事故発生の届出を行いました。その後、保健所の指導により、食中毒調査、学校内の消毒、食材の破棄、衛生管理マニュアルの改正、保健所による全生徒への衛生教育を実施し、1月8日より授業については通常通り開催させて頂いております。また、1月13日に保健所より店舗営業禁止処分について解除の通知を受領しております。

今後は、教職員の衛生教育の更なる充実を図り、成果が確認できたのち、店舗営業を再開させて頂く予定でございます。

なお、保健所の最終調査結果において、ノロウィルスによる食中毒感染の原因となった食材の特定には至りませんでした。

                                                             

横浜スイーツ&カフェ専門学校

校長 佐々木 悦子

  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • 既に高校を卒業された方へ
  • 動画でみるキャンパス紹介
  • 施設紹介
  • 年間行事
  • フォトギャラリー
  • 留学生の方へ

TOP