学校長より

福祉保育でつくる。未来のしあわせ。

大きなやりがいや生きがいを感じる仕事は、人それぞれ。
でも、誰かに必要とされることが、働く人すべてに共通する喜びではないでしょうか。
そして、いま世の中から強く求められているのが、まだ数が少ない保育や介護の担い手です。

そんな「必要とされる人たち」を育てるために、2015年春、東京未来大学福祉保育専門学校は開校しました。社会のしあわせをつくる福祉の仕事でたくさんの笑顔や「ありがとう」に包まれながら、あなたの未来もしあわせに。
そのスタートラインがここにあります。

教育理念「技能と心の調和」

三幸学園は、昭和60年の開校以来
『技能と心の調和』を教育理念に掲げ、教育を展開してまいりました。
ここでは、社会への有益な職業人を数多く輩出することを目標に、“有益な職業人とは、専門的知識・専門的技術を十分持ちながら、常に変遷する社会に対し柔軟に対応するため日々研究・研鑽を続け、職業人としての使命感をしっかり確立した人物”と定義し、心豊かな人間性を育む教育に注力しております。
本校においても「技能と心の調和」を教育の理念とし、単に知識や技術を研究するに留まらず、人間性を高める教育を併せて展開することにより、真に社会に役立つ人材を輩出することができると考えております。

このページの上部へ