学校からのお知らせ

2015.06.19

【NEWS】2025年問題!?

こんにちは

今日は、本校に関係のある世の中の情報をお届けします


皆さん、"2025年問題"って知っていますか

本校の周辺地域である、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の75歳以上の後期高齢者は、今後10年でなんと175万人も増え介護施設のベッド数が約13万床不足するとの推計も発表されました。10年後の2015年には、介護需要が45%増えるそうですが、人手不足と言われている今、介護施設がその流れに追いつくかどうかが問題のようです・・・

そこで検討されているのが、高齢者介護・保育・障害者向け施設の統合と、介護福祉士・保育士などの資格の一本化なんです!護福祉施設、保育所などの福祉施設を統合し、複数の分野にかけもちで対応できる人材を配置することで、少人数で福祉サービスを提供できる体制を整えたい、という考えです。この話の背景にあるのが、団塊の世代がすべて75歳以上の後期高齢者となる2025年問題と、過疎地における介護・保育分野の人材不足。2025年度には介護職員が約30万人不足すると試算されている上、保育士不足も慢性化しており、特に山間地などの過疎地で人手不足が進み介護福祉施設や保育所など児童福祉施設の運営が困難になると予想されているのだそうです。


このように、介護の人材不足は現在日本中で問題視されています。

本校は、福祉と保育の専門学校なので、まさに世の中で求めらていることをダイレクトに学べます

そして2年間、しっかり知識や技術を身につけられれば、必ず、世の中の役に立つことができます

2025年問題に真剣に向き合いませんか??

このページの上部へ