介護福祉科実習について | 東京の介護福祉士・保育士・幼稚園教諭専門学校

介護福祉科実習について

現場を肌で感じながら、対応力をつける2つのシステム。

アーリーエクスポージャープログラム(EEP)

入学後早期から、提携施設で半日基礎実習(見学)を行います。高齢者との関わり方が少しずつステップアップ。次の実習への不安解消となり、より確実に技術が身につきます。

プリセプター指導による実習

2年生の最終実習週は、その施設へ1年生も実習に行きます。2年生(プリセプター)が1年生に指導しながら一緒に実習を行います。1年生は安心して現場体験でき、2年生は指導者(リーダー)としての学びができます。

実習先の選び方

1. 実習したい施設を徹底チェック

どんな病院・施設か、どこにあるのかなど、まずは、自分の目で、足で確かめます。

2. 希望実習先の決定

3. 実習担当の先生が、施設へ実習依頼を開始

4. 実習ガイダンスで最終チェック

5. 実習スタート

実習体験レポート~特別養護老人ホーム 癒しの里・青戸

8:00

朝のくつろぎ時間に談笑。

朝食後、ゆったりとした時間に利用者様にお声がけ。たわいもない会話で距離を縮めます。

10:25

トランプなどゲームをすることも!

利用者様とのレクリエーションではさまざまなことをします。この日はトランプを楽しみました。

13:25

談笑しながら工作を楽しみました。

折り紙などの工作をすることも。手指の運動にもなり、楽しんでいただけました。

14:55

大先輩から胸にしみるアドバイス!

1日の業務終了後、施設長に報告に行きます。いろいろな助言をもらったので明日からに活かします。

相手の立場や背景を考えた行動が、
利用者様への最適な介護につながると実感!

利用者様との会話で、今どきの言葉が通じなかったことがあり、相手の立場や背景を考える思いやりの大切さを実感。それが最適な介護につながると思いました。また、自分から毎日あいさつや声がけすることで心を開いてくれることもわかり、コミュニケーションを重ねることの重要さも身にしみて感じました。

介護福祉科 齋藤 由香恵さん
私立 武蔵野高等学校 出身

このページの上部へ