就職・資格について

就職について

Q就職はできますか?
A毎年90%以上の就職率です。※姉妹校実績
就職ガイダンスの中で、就職活動の心構えやふさわしい身だしなみ、その他具体的な就職活動方法などを教えていきます。
それ以外にも、就職希望先に提出する履歴書や自己紹介文の書き方も一から丁寧に教えます。
就職試験には面接試験が付き物なので、教員による模擬試験や実際の現場で働いている人事担当者を招いての模擬面接も行っています。
またエリア担当制といって、就職活動をするのは学生本人だけでなく、エリア担当と呼ばれる先生も常に就職活動を行っています。
その結果、求人数が多いのはもちろんのこと、学生の希望に添った情報を提供することができます。
このように就職に対してもしっかりとサポートをしているので、毎年高い就職決定実績を残せています。
Q学校が就職先を紹介してくれるのですか?
Aそれぞれ地域ごとに担当の先生がいますし、全国に姉妹校があるので各地の就職先を紹介できます。
Q資格がないと就職ができないのですか?
A全くできないわけではありませんが、実力の証明となる資格を取得する事はやはり大きく有利になります。
Q学校に届く求人票の勤務地について
A様々な地域から頂いています。
また、姉妹校の求人も受験できます。就職担当者や担任も生徒の希望就職先を探し、開拓も行っています。

資格について

Q資格は取得できるのでしょうか?
Aできます。
保育科・こども総合学科では卒業と同時に幼稚園教諭2種と保育士・社会福祉主事任用資格を得られます。
医療秘書科では、資格・検定の前に検定WEEK(検定WEEKとは1週間の時間割を変更して検定の対策を行うことを言います)というものを設け、民間資格・検定を取得していきます。
Q専門学校を卒業するとどのような資格がもらえるのですか?
A大学を卒業すると学士、短大を卒業すると短期大学士、専門学校を卒業すると専門士という学位が文部科学大臣から授与されます。
その他に各コースによって試験に合格すると取得できる資格も沢山あります。
Q卒業と同時に保育士資格・幼稚園教諭免許状は取得できるのですか?
A保育士養成校である短期大学と教育提携しています。
規程の単位を修得すれば、卒業と同時に資格が取得できますよ!

このページの上部へ