資格に強い理由

保育科・こども総合学科

point1
保育士・幼稚園教諭の国家資格が両方とも卒業と同時に取得できる!

保育科とこども総合学科の両方で、保育士資格と幼稚園教諭二種免許(保育科は希望者のみ)が取得できます。保育科の幼稚園教諭免許取得課程とこども総合学科は短期大学との教育連携制度により、短大卒業資格も得られます。(※こども総合学科の場合、保育士資格は幼稚園教諭二種免許取得及び、保育士試験免除科目を履修することにより取得できます。)
また、姉妹校である東京未来大学に編入することで、大学卒業資格と小学校教諭の免許取得も可能です。

point2
認可・認証保育園を運営している学園だから、保育分野に強い!

三幸学園は保育施設を30園以上、運営をしているため、保育士育成ノウハウの蓄積があります。現場の声をリアルタイムに把握し、すぐに授業で生徒に還元できる教育プログラムがあるため、実践力が身に付きます。本学園が資格取得に強い理由の1つです。

point3
保育事業の取り組みが文科省に認められ、生徒数日本一の学園!

現在、日本では保育士不足が問題視されています。三幸学園は単なる保育士養成校を運営しているだけではなく、保育士不足という日本の社会問題解決のために、再就職支援などを行っており、その取り組みが文部科学省に認められました。保育分野に強い学園だからこそ、国家資格取得に強いのです。

医療秘書科

point1
集中的に勉強する「検定ウィーク」を実施

検定ウィークとは

検定試験の1週間前から、検定科目を集中的に勉強できるように時間割が一部変わります!

検定ウィークの流れ

検定試験対策用の時間割にチェンジ

検定日前1週間の時間割が、検定試験対策用の科目中心に変更。


試験問題にチャレンジ

問題に慣れるために、練習問題や過去の問題を解いていく。


仕上げの模擬テストで準備OK

本番さながらの模擬テストに繰り返しチャレンジ。

通常の時間割例(医療秘書科)

検定科目 10コマ


検定ウィーク中の時間割例(医療事務検定の一例)

検定科目 16コマ

point2
安心の合格保証制度

専門学校に入学する目的の1つは、資格を多く取得することだと思います。本校では、授業のカリキュラムが資格に直結するものが多いので、自然と資格対策をすることができます。また、本校では、在学中に取得できなかった資格でも卒業後に取得できるようにバックアップする「合格保証制度」もあるので安心です。

point3
資格に直結した授業がたくさん!

検定につながる授業科目があった 96.3%

卒業生アンケート(2015年3月学園実績)より

資格取得に直結した授業が多いということは、普段の勉強が自然に検定対策につながっているということ。自信をつけながら着実にステップアップができます。

point4
時間外の補講も充実

検定前には、先生たちが積極的に補講をセッティング。オリジナルの検定対策ノウハウで、一人ひとりの不安や問題点がなくなるまでとことん教えてくれるから、安心して挑めます。

point5
学内受験でリラックス

ほとんどの試験を学校内で受けられるのもポイント。クラスメイトと一緒に、いつもの授業と同じ感覚でのぞめるので緊張も最小限。リラックスして力を発揮することができます。

このページの上部へ