ページ内を移動するためのリンクです

学校法人 三幸学園 札幌こども専門学校

在校生の学校生活紹介

在校生の充実したキャンパスライフを紹介します!

保育士、幼稚園教諭になるまでの成長Story

私の1週間レポート

たくさんのチャレンジを経験して新しい自分に出会えた。
こども総合学科 こども心理コース
橋本 茉里奈さん
札幌啓成高等学校 出身

高校生のときに、オープンキャンパスでイキイキと輝く先輩を見て以来、自分も「あんな風に学校生活を送りたい!」と思ったことが現実になり、札幌こども専門学校での3年間は、自分にとってかけがえのない時間になりました。自分が成長するためのチャンスがたくさん用意されていて、思いきり自分を出し切ることができました。同じ目標を持つ仲間と一緒に頑張れる環境の中で、保育者としても人間としても大きく成長し、視野を広げることができました。

1年次

学校生活にスムーズに馴染めました

学校生活のルールやマナー、授業のスタイルを教えてもらうとともに、ゲーム形式で自己紹介を行うなど、新しい友達がたくさん!本格的な学校生活がはじまる前に行われたので、とても安心できました。

理解力や伝える力が身につきました

授業で覚えたことを頭の中でとどめておくだけではなく、声に出して誰かに説明したり、書き出してアウトプットをするのがアクティブラーニング。頭で理解していても自分の言葉にするのは、なかなか難しいもの。この習慣がしっかり身についたおかげで、オープンキャンパスで高校生を案内するときに、わかりやすく説明できるようになりました。

2年次

後輩を教える立場に

1年生から参加していたオープンキャンパススタッフですが、今度は私が1年生をサポートする側に。高校生のみんなに学校の魅力を伝えられるように頑張りました!

自分から楽しむことを大切に!

高校時代は生徒会、1年生のときには保育発表会の委員を任されていましたが、自分の仕事をこなすのに精一杯でした。せっかくやるのだからと、自分も、周りのみんなも楽しめるように考え方を切り替えたことで、目の前の世界が変わりました。どんなことにも挑戦し、前向きに取り組むことで、少しずつですが成長していることを実感できました。

3年次

三幸学園札幌フェスティバルのチームリーダーに!

姉妹校6校が集まる三幸学園札幌フェスティバルで、約500人を束ねるチームリーダーに。テーマとなった「LINK~笑顔の輪~」を実現するために、みんなと協力しながら私ができることを120%の力で頑張りました。すべて終わったときは、生まれて初めてというくらい感動!一生忘れられない思い出になりました。

現場でしかわからないことがある

学校で学んだことを確かめるだけでなく、教科書に載っていないこともたくさん学べるのが実習の醍醐味。声かけひとつとっても、楽しんでいるとき、喧嘩をしているとき、現場でしかわからない多彩なシチュエーションがあって、臨機応変に対応しなければなりません。また、現場の先生によって対応の方法がいくつもあるので、隣で見ているだけでも勉強になりました。

卒業!

挑戦することの大切さを伝えられる保育者に

学校生活では、どんなことにも前向きに挑戦することで成長することができました。
保育の道に進んでも、この思いは持ち続けて、こども達にも伝えられれば、と思っています。

実践的な保育のことを楽しく学んでいます。

小峯 梨沙さん
恵庭北高等学校 出身

「おはよう!」のあいさつから、毎朝元気いっぱい!そんな明るい雰囲気の中で、保育の現場で役立つ技術や考え方を学んでいます。個性的で楽しい先生が多く、一人ひとりしっかりフォローしてくれるから安心です。

9:10

実習で活かせる「造形表現Ⅱ」

こども達のお手本になるように、折り紙や画用紙などを使ったものづくりが学べます。実習現場でも活かせるスキルがたくさん。最近は白雪姫の紙芝居を作りました!

11:00

絵本と出会う「言語表現」

いろいろな絵本の紹介をしてもらえる大好きな授業。生徒同士でお互いに読み聞かせして、ページのめくり方、声の出し方など、こども達の興味を引く効果的な読み方も練習します。

12:50

休み時間はみんなでワイワイ

次の授業の準備をしながら、みんなでおしゃべり。
最近は、もうすぐはじまる実習に向けて情報交換をしています。

14:40

「音楽Ⅳ」でピアノが上達

少しずつ上達して楽しくなってきたピアノ。課題曲をみんなの前で弾くときは緊張しますが、私の伴奏でみんなが歌ってくれると、とっても気持ちいい~♪

放課後

先生に相談!職員室へ

実習用につくった指導案をチェックしてもらうために、先生のところへ!書き方や、改善点をしっかり指導していただけるので、自信を持って実習を迎えられそうです。