学校長より|学校紹介|札幌(北海道)の美容専門学校

学校法人三幸学園 > 美容師・エステ・メイク・ネイル・モデルの専門学校トップ > 札幌の美容師・エステ・メイク・ネイル・モデルの専門学校

学校長より

札幌ビューティーアート専門学校とは

平成11年、札幌医療秘書福祉専門学校にビューティービジネス科として誕生。
当初は、エステティシャン、メイクアップアーティスト、ネイルアーティストなどの育成のみでしたが、平成14年に美容師の養成施設を含む総合的な美容学校になりました。
また、平成17年からはブライダルプランナーの育成も行っています。
授業は、実技中心の実践的な内容です。最新設備のそろったシャンプー実習室やエステティック実習室を使用して、思う存分技術を磨く事が出来ます。
また、本校の売りは、生徒1人当りの資格取得数と高い就職率が売りです。
資格取得数は、1人当り3~4つ、就職率は毎年90%以上の実績を残しています。
この実績を支えているのは、入学から就職まで、一貫して1人の担任が指導するオリジナル教育システムです。
この他にも、プロフェッショナル業界の最先端の知識が豊富な講師陣と、熱い担任スタッフによる1人、1人を大切にする親身な指導も魅力です。
資格取得や就職に向けての学習以外にも校内サロンや校内ビューティーショーなど、学生生活を満喫できる行事がいっぱいの楽しく学べて、しっかり就職できる学校です。

教育理念 『技能と心の調和』

三幸学園は、昭和60年の開校以来20年にわたり
『技能と心の調和』を教育理念に掲げ、教育を展開してまいりました。

ここでは、社会への有益な職業人を数多く輩出することを目標に、"有益な職業人とは、専門的知識・専門的技術を十分持ちながら、常に変遷する社会に対し柔軟に対応するため日々研究・研鑽を続け、職業人としての使命感をしっかり確立した人物"と定義し、心豊かな人間性を育む教育に注力しております。

本校においても『技能と心の調和』を教育の理念とし、単に知識や技術を研究するに留まらず、人間性を高める教育を併せて展開することにより、真に社会に役立つ人材を輩出することができると考えております。

技能と心の調和を教育理念に
強くたくましい人材の育成をめざします。

写真:校長 伊藤 新一
札幌ビューティーアート専門学校
校長 伊藤 新一

北国には、厳しい自然とフロンティア精神が融合し、新しい文化創造の土壌があります。
そのような環境の中で感性豊かに育った若者が本学に集い、全国ネットワークで結ばれた最先端の技術とア・ラ・モードの情報を学び取り、日々の学園生活をいきいきと送っています。
特に、本校においては 、専門的な技能のみならず、社会人としての素養とマナーを磨くため、教職員一丸となって、生活指導に意を注ぎながら、各人の進路実現に親身に取り組んでおります。
また、毎年夏に実施しているヘアーメイクショーは、学生が長時間、若い情熱を傾けて創り上げる、最も大きなイベントであり、各人の技能を磨き、学習成果を集大成する場であるとともに、仲間と協働していくことの大切さを学ぶ、絶好の機会となっております。
本校を巣立った多くの卒業生は、このような学園生活を通して、洗練された技能と豊かな人間性を培い、美容業界で、その仕事ぶりが高く評価されていることをうれしく思うところです。
昔のことわざに、「虎穴に入らずんば虎子を得ず」とありますが、すべては一歩から始まります。
もし、皆さんがビューティーアートに少しの興味と関心を持っているならば、是非、本校を訪れて見てください。
きっと、皆さんのスペシャリストとしての将来展望が見えてくるはずです。本学の優れた講師陣が皆さんの夢を実現するために、誠意を持ってお力添えいたします。



このページの上部へ