卒業生のお仕事紹介|資格・就職 | 大宮(埼玉)の医療事務専門学校

学校法人三幸学園 > 医療事務・医療秘書・福祉の専門学校トップ > 大宮の医療事務・医療秘書の専門学校

卒業生のお仕事紹介

あこがれの医療業界で働く卒業生を紹介

吉岡 舞さん(千葉県立野田中央高等学校出身)

「吉川中央総合病院」に就職

患者様からはもちろん、一緒に働く職員にも信頼される医療事務員に。

総合病院で受付や会計、カルテ出しを担当しています。就職後すぐ落ち着いて取り組めたのは、在学中の病院実習で実際に患者様対応を経験できたから。まだまだ半人前ですが、三幸学園で学んだ人間力を生かして職場の主力に成長したいです。

医療秘書科

邑楽 友里恵さん(大学からの再進学)

「柏厚生総合病院」に就職

専門知識だけでなく、社会人としての心構えを学べたことに感謝。

医療事務となった今、患者様に顔や名前を覚えていただいたり、笑顔で帰る姿を目にすることが大きなやりがい。医療の現場では小さなミスが大きな事故に繋がるので、注意深くヒアリングをしてメモを取るなど緊張感を持って働いています。

医療秘書科

神保 七彩さん(栃木県私立白鷗大学足利高等学校出身)

「土屋小児科病院」に就職

「ありがとう」や「お世話になりました」の言葉に辛さも乗り越える力を貰っています。

医療事務の仕事に従事しています。たくさんの人とコミュニケーションをとれる場所だと感じています。患者様とのちょっとした会話や「ありがとう」、「お世話になりました」の言葉に辛さも乗り越える力を貰っています。

医療秘書科

中島 美玲さん(埼玉県立羽生第一高等学校出身)

「羽生総合病院」に就職

患者様の不安や負担を少しでも軽減できるように影ながら支えていきたい。

通院回数が多い患者様はできるだけお名前を覚えて、「本日の診察はいかがでしたか?」などと優しくお声掛けするように心がけています。私の対応で、少しでも前向きな気持ちで治療に取り組んでもらえたら嬉しいですね。

医療秘書科

鈴木 まなさん(埼玉県立大宮高等学校出身)

「テディベアクリニック」に就職

在学中に身に付けた美しい言葉遣いやマナーが私の自信になっています。

私は現在、小児科クリニックで受付を担当しています。患者様と接する際、学校で身に付けたビジネスマナーのスキルが大活躍!在学中は言葉遣いや礼節の指導を厳しく感じていましたが、今は心から感謝しています。

医療秘書科

青木 梨沙さん(群馬県立館林女子高等学校出身)

「慶友整形外科病院」に就職

専門学校の2年間で前向きな自分に変わることができました。

学校では10以上の資格を取得!これも全て、休日返上で指導してくれた先生方のおかげです。目標に向かって学ぶ楽しさを知った今、プライベートの時間を使って新たな資格取得に挑戦しています。

医療秘書科

徳永 恵利華さん(大学からの再進学)

「川口工業総合病院」に就職

リスタートの私でも一年で夢が叶ったのは、熱い先生方のおかげ。

大学中退を経ての入学でしたが、同じ境遇の仲間も多く、バックアップ体制も万全で安心して学べました。就職活動も有利に進められるよう的確なアドバイスをいただき、本当に感謝しています。

医療事務科

和田 未有さん(埼玉県立三郷北高等学校出身)

「三郷中央総合病院」に就職

先輩たちのいいところを見習ってさらにステップアップしていくのが今の目標です。

現在の勤務先は私の実習先。やりがいのある大きな病院で人間関係もいいところへ就職したいと思っていた私にとって、まさに理想通りの病院でした。今の目標は、先輩たちのいいところを見習い、自分を成長させていくことです。

医療秘書科

眞船 弥耶美さん(埼玉県立深谷第一高等学校出身)

「さいたま記念病院」に就職

病棟クラークとして患者様や看護師さんをサポート。

私は病棟クラークとしてナースステーションに常駐し、入退院の手続きなどを担当。一人ひとりの患者様とそのご家族に寄り添い、話し相手となり不安を取り除くことができた時にやりがいを感じます。

医療秘書科

このページの上部へ