ニュースリリース

三幸学園が『平成29年度文部科学省保育・介護分野委託事業 成果報告会』を実施いたします

三幸学園では文部科学省の平成29年度「専修学校による地域産業中核的人材養成事業」を受託し、社会の課題解決のために活動をして参りました。このたび本事業の成果報告会を実施する運びとなりましたことをご報告申し上げます。

お時間が許されるようであれば、ぜひ取材にお越しいただきたくお願い申し上げます。

<成果報告会の開催概要> ※開催要項ダウンロードご希望の場合はこちらをクリック

日時:130日(火)  1030分~1430分 (途中1時間の休憩を挟みます)

場所:ソラシティ御茶ノ水カンファレンスセンター 1階 Room A(御茶ノ水駅 聖橋口より徒歩1分、新御茶ノ水駅 B2出口直結)

※会場には駐車場がございません。公共交通機関でのご来場にご協力をお願いいたします。

内容:事業概要、研修プログラムの視聴、事業の将来像の説明 等

<事業受託の背景と実施事業概要>

【保育分野】 「保育分野における長期就労支援に向けたリーダー育成プログラム開発事業

平成29年5月、「29年度末までに待機児童解消を目指す」と掲げていた「待機児童解消加速化プラン」が3年先送りされ、待機児童解消新プランが発表されました。平成34年度までに、新たに32万人分の保育の受け皿を整備する本プランの実現には、「保育士の長期就労」が要となります。これを受け、東京こども専門学校は昨年度に引き続き「保育士の長期就労」を事業目的に掲げ、今年度は中間管理職という難しい立場である「主任・主任候補」向けのeラーニング教材を開発いたしました。

hoiku1.jpg

【介護分野】 「潜在介護人材の就職・再就職及び長期就労支援事業」

平成27年時点で日本の高齢化率は26.7%に達し、中でも要介護認定者は614万人を超している一方、介護職から離れている介護福祉士の有資格者は全体の4割に上ります。この現状を受け、潜在介護人材顕在化と「介護職員の長期就労」を目的に本事業に取組み、潜在介護人材向けのeラーニング教材、及び「管理的立場に就く役職者」向けのeラーニング教材を開発いたしました。

kaigo1.jpg

本件に関するお問い合わせ先

学校法人三幸学園 事業開発部   TEL : 03-6672-9485  FAX : 03-5840-8617

【保育分野】太田 : ota-saki@sanko.ac.jp 【介護分野】松田 : matsuda-susumu@sanko.ac.jp