ニュースリリース

「英語で遊ぼう!」「小麦粉粘土体験★」子育て支援イベントのご報告♪【仙台こども専門学校】

毎週行っている仙台こども専門学校の子育て支援イベント「こどもんひろば」♪

在校生スタッフが毎回様々な工夫を凝らし、親子で楽しめる遊びを用意したり、日々の授業や実習の経験を活かして、子どもや保護者の方とのコミュニケーションを楽しんでいます。

また、「英語であそぼう!」や「こねこねまつり~小麦粉粘土で遊ぼう!~」と題した特別プログラムも定期的に行っています。

7月に開催された「英語であそぼう!」では、7家庭9人の子どもが参加し、在校生10人が子どもたちと触れ合いました。

在校生スタッフによる『おおきなくりの木の下で』などの2曲を英語で手遊びすると、初めは緊張していた子どもたちにも徐々に笑顔が♡ その後、英語で色あてクイズを行うと、『レッドー!』『ブルー!』など子どもたちが嬉しそうに大きな声でお話してくれました。

sc4.png sc5.png

保護者の方からも、『毎週やってください!』などのお声もあり楽しくも充実した時間となりました。

8月夏休みに開催した「こねこねまつり~小麦粉粘土で遊ぼう!~」では、8家庭9人の子どもが参加してくれました。在校生スタッフの参加も18人と大賑わいのイベントとなりました。

初めに、在校生による手遊びの後、講師の先生が絵本の読み聞かせを行いました。粘土にまつわるお話に、子どもたちも興味津々でした。

そして、いよいよ小麦粉粘土のスタート!子どもたちは、小麦粉の感触に最初戸惑っていた様子もありましたが、徐々に慣れ、アンパンマンを作ったり、在校生とも関わりながら楽しい時間を過ごしました。また、講師の先生からは小麦粉粘土の保管の仕方や作り方のコツの伝授などもあり、保護者にとっても学びのある時間になったようです。

sc3.png

こどもんひろばの活動が人の繋がりを作り、また人を呼び、たくさんの地域住民の方に愛されるイベントになっています。

初めて参加される方の中には、口コミで聞いて来られた、という方もいらっしゃいます。

広いスタジオで子どもたちが元気いっぱいに遊ぶ姿や、本校の活動を喜んでくださる保護者の方の声に、在校生たちも励まされ、「保育者になる夢」への意識を強くしています。

ぜひ、仙台こども専門学校の子育て支援イベント「こどもんひろば」に遊びにいらしてください★

【仙台こども専門学校】

http://www.sanko.ac.jp/sendai-child/