ニュースリリース

ビーチサッカー大会でアスリートに生徒がストレッチ・ケガの応急処置を行いました【広島リゾート&スポーツ専門学校】

山口県防府市富海海岸で行われた、ビーチサッカー・サッカーチーム、スクールを運営する「プラシア山口」主催のビーチサッカー大会に、広島リゾート&スポーツ専門学校の生徒11名が帯同いたしました。

2日にわたって行われた大会内では、在校生による「スポーツマッサージ」や「ストレッチ指導」を行うブースを設け、延べ84名の方に足を運んでいただきました。

hr1.jpg hr2.jpg

ビーチサッカー日本代表選手や元Jリーガーなどの一流選手にストレッチを施したり、膝関節の靭帯や足関節の靭帯を損傷している選手の症例を見て処置の仕方を学んだり、また同試合中に負傷した選手に生徒が駆け寄り応急処置をほどこすなど、リアルなスポーツ現場でないと経験することができない、アスリートを支えるプロを目指す生徒たちにとって大変貴重な機会となりました。

hr3.jpg

さらに、大会出場者としても、特別枠で『リゾスポチーム』が計6試合に参加させていただき、多くの生徒が初めてビーチサッカーというスポーツに触れることができ、スポーツに関する新しい知識を得られました。

<広島リゾート&スポーツ専門学校>

http://www.sanko.ac.jp/hiroshima-sports/