ニュースリリース

生徒が「缶詰の商品開発」で復興支援!石巻で生徒自ら販売活動

辻学園調理製菓専門学校・辻学園栄養専門学校の生徒らが、
開発した缶詰が商品化され、12月23日から販売が開始されました。

今回の企画は、東日本大震災により大きな被害を受けた株式会社木の屋石巻水産と、
辻学園調理製菓専門学校、栄養専門学校とのコラボレーション!
"若者需要を喚起する缶詰を開発して復興支援に寄与せよ!"
というテーマに生徒達が挑戦し、コンテストを勝ち抜いたアイデアが正式に商品化され、
12月23日より販売が開始されました。

また同日、株式会社木の屋石巻水産の美里町工場にて、
辻学園の生徒も参加した催事販売会が開催されました。
当日の様子は、読売新聞でもとりあげていただきました!

ofe201501051.jpg

ofe201501062.jpg

今回、生徒らが開発し商品化されたのは以下の商品です。

「さんま坦々缶~豆乳仕立て~」
味噌や醤油といった缶詰のお決まりの味付けからの脱却、
若者に広がっている宅飲み需要の取り込みを図るために
「プレミアムなおつまみ」をコンセプトに開発。
味は「ごまの風味&ちょい辛」の坦々味に豆乳を加えることにより、
「辛さ」の中に「まろやかさ」も盛り込み、女性客の取り込みも図りました。
"さんま"は宮城県女川港水揚げのもの使用し、冷凍せずに鮮魚のまま
缶詰にするという㈱木の屋石巻水産独自のフレッシュパック製法で製造している。

OFE20141223.jpg

生徒たちは、自分たちが開発したものが実際に商品化し、
販売するという大変貴重な経験ができました。
たくさんの方に購入していただき、
復興支援に繋がれば嬉しいですね。

この件に関するプレスリリース原文は以下よりご確認ください。


辻学園調理製菓専門学校

辻学園栄養専門学校