西洋料理(フランス料理/イタリア料理/スペイン料理) | 学科・カリキュラム紹介 | 名古屋の調理師専門学校

名古屋辻学園調理専門学校のトップページ > 学科・カリキュラム紹介 > 西洋料理(フランス料理/イタリア料理/スペイン料理)

西洋料理(フランス料理/イタリア料理/スペイン料理)

西洋料理(フランス料理/イタリア料理/スペイン料理) - 歴史・風土・文化が織りなす、西洋の美食を探究する。

  • 学びの流れ
  • 基本技法を学ぶ

学びの流れ

上級調理師科(2年制)

1年次 前期
【基本をしっかり覚える】
  • 西洋料理にチャレンジ!
  • 包丁の使い方、手入れ方法
  • みじん切りなどでプロのスピードを身につける
  • オムレツで火に慣れ、火の扱いを学ぶ
  • 作りながら専門用語も覚える
1年次 後期
【昔ながらの西洋料理をつくる】
  • フランス料理:ソースに重点を置き、さまざまな調理法を学ぶ
  • イタリア料理:パスタ、魚料理を中心にイタリア料理の特長を学ぶ
  • スペイン料理:パエリァ、ガスパチョ、タパス、他
  • 牛フィレ肉、生きたオマール海老など、高級食材も使用
2年次 全体
【希望するコースを選択し、深い理解や応用力を養う】

1年次に学んだ基礎をベースにしながら、専門性や応用力を育成。季節や食材、お客様の好みになどにも対応できるように、多くの実習の中で実践力を身につけていきます。

2年次 卒業料理
【プロとして通用する料理を作る】

知識や技術、おもてなしの心やオリジナリティなど、2年間で学んだことの集大成として、お客様を納得させる料理を作ります。

調理師科(1年制)

1年次 前期
【基本をしっかり覚える】
  • 西洋料理にチャレンジ!
  • 包丁の使い方、手入れ方法
  • みじん切りなどでプロのスピードを身につける
  • オムレツで火に慣れ、火の扱いを学ぶ
  • 作りながら専門用語も覚える
1年次 後期
【昔ながらの西洋料理をつくる】
  • フランス料理:ソースに重点を置く鯛のポアレ、白ワインソース 他
  • イタリア料理:パスタ、魚料理を中心にイタリア料理の特長を学ぶ
  • スペイン料理:パエリァ、ガスパチョ、タパス、他
  • 牛フィレ肉、生きたオマール海老など、高級食材も使用
卒業料理
【プロとして通用する料理を作る】

知識や技術、おもてなしの心やオリジナリティなど、2年間で学んだことの集大成として、お客様を納得させる料理を作ります。

基本技法を学ぶ

フランス料理

写真:歴史

歴史

カトリーヌ・メディチがフランス王家にお輿入れをしてからの宮廷料理の発展を追うほか、フランス各地方の料理の基本や歴史などについて学びます。

写真:食材

食材

言わずと知れた世界三大珍味のフォアグラ、キャビア、トリュフをはじめ、日本では珍しい食材を実際に調理することで、その特長や魅力、味わいをしっかりと勉強できます。

写真:調理器具

調理器具

写真の銅鍋はもとより、ヨーロッパにはさまざまな調理器具があります。それらを実際に手にとり、それぞれの調理器具の特性を体感しながら、使い方を習得していきます。

写真:ブランマンジェ

ブランマンジェ

7世紀頃に西洋に伝わったとされるブランマンジェ。かつては肉のブイヨンで作る料理でしたが、次第に甘いデザートとして提供されるように。このブランマンジェをはじめ、基本的なデザートも作ります。

閉じる

イタリア料理

写真:歴史

歴史

かつてはパズルのように都市国家に分かれていたイタリア。そのバラエティ豊かな地方色が魅力のイタリア・地中海料理は、素材の持ち味を生かした"健康的食べ物"としても今日の輝きを増しています。

写真:食材

食材

イタリア料理を代表する食材といえば、イタリア語で"トマト"を意味するポモドーロ。ヴェスビオ山の麓を流れるサンルリ川の流域にサンマルツアーノ村があり、ここがトマトの発祥地と言われています。

写真:調理器具

調理器具

イタリア料理の器具・道具は多種多様です。たとえばイタリア料理の花型といえるパスタは乾麺と生麺に分けられ、特に生麺を作るパスタマシーンの使い方は独特。その技術もしっかりマスターします。

写真:ティラミス

ティラミス

「気分を盛り上げて」という意味を持つティラミス。ヴェネト地方の郷土菓子として知られますが、ローマで生まれたという説も。メイン素材のマスカルポーネは、イタリアを代表する非熟成チーズです。

閉じる

スペイン料理

写真:歴史

歴史

17の自治州と50の県からなるスペインは、まさに郷土料理の宝庫。地中海と大西洋に囲まれた豊かな風土をベースに、各地方の気候や歴史などを背景にした伝統料理が多彩にあります。

写真:食材

食材

スペイン料理に欠かせない香辛料といえば、パエリァなどの色づけや風味づけに使用される「サフラン」。また、乾燥させたパプリカを粉末にした「ピメントン」もよく使われています。

写真:調理器具

調理器具

フライパンを意味する「パエジェラ」(パエリァ鍋)は、スペイン料理を代表する調理器具。この丸鍋で作る料理が広く伝わり、いつしか料理自体が「パエリァ」と呼ばれるようになりました。

写真:クレマカタラーナ

クレマカタラーナ

クレマカタラーナは、スペインのカタルーニャ地方発祥の洋菓子。カスタードクリームの上にパリパリのカラメルがトッピングされており、フランスのクレームブリュレの祖先とも言われています。

閉じる


このページの先頭へ