特別インタビュー

三幸学園 小平香織先生

三幸学園 小平香織先生

卒業するまでに、社会人としての基礎をしっかり養成。

三幸学園が他の教育機関と大きく違う点としては、2つあると思います。まずは三幸学園の教育理念が「技能と心の調和」で、技能教育に加えて心の教育に力を入れていることです。

たとえばあいさつや礼儀、報告・連絡・相談の重要性などを入学当初から継続的に指導し、社会人としての基礎を身につけた状態で卒業させることをめざしています。また、今の社会で仕事を辞める一番の原因が人間関係だと言われていますので、三幸学園では協調性や主体性を養うために学校行事を重視。自分はリーダーシップをとる側なのか、うしろから支える側なのか。また、どうやったら自分の力を発揮していけるのか。そういった役割についても、行事を通して学んでもらいたいと考えています。

さらに他の教育機関と違うのが、チーム教育を大切にしているところです。生徒と担任だけでなく、授業や行事などで関わる教員全員、そして保護者と、子どもを取り囲む大人たちみんなでチームになり、生徒一人ひとりをサポートしています。

たとえば教科担当が授業を終えて職員室に戻ると、「あの子は今日、こうだったよ」と教職員みんなで情報を共有。これを受けてその生徒にどう接するべきか、常に話し合っています。こうした先生方の情熱も、三幸学園の財産です。私自身もそんな先生方に囲まれ、自分の居場所に心から誇りを持っています。

能動的な学びを繰り返すうちに、日々成長できる自分へ。

三幸学園は新しい教育システムも積極的に取り入れており、そのひとつとして「アクティブラーニング」があります。これは生徒たちが一方的に授業を聞く学び方ではなく、自分で考えさせたり、発言させたりすることによって、記憶の定着を高める教育システム。この導入によって、発言することが当たり前の環境が整ったので、生徒自身も「受け身じゃだめなんだ」と感じてくれているようです。

また、三幸学園独自のカリキュラム「成功の法則」も目標達成体験を実感できる教育プログラムです。はじめに将来の理想像を描き、それを叶えるためにまず一年後の目標を設定します。その目標の実現のために今やるべきことは何か等、夢の実現までのステップを細分化し、日々の振り返りを行っています。知らず知らずのうちに目標をひとつずつ達成していけるので、生徒自身も「前の自分より、今の自分のほうが成長している」と実感できます。

どんな生徒にも可能性がある。だから見捨てない、あきらめない。

三幸学園の生徒には、「壁を乗り越えられる社会人」になってほしいと願っています。泣いてもいいし、笑ってもいいし、へこんでもいいですが、簡単に挫折せずに目の前の壁を乗り越えられる人間になってもらいたい。

仕事でもプライベートでも困難から逃げるのは簡単ですが、それでいろいろなものをあきらめていく人生は、きっとつまらないでしょう。だからこそ、自分の人生はどうにでもなると思えるような人になってもらいたいし、あきらめずに壁を乗り越えるような生き方をしてほしいと願っています。

そんな人材を育成するために、三幸学園の全教職員が「あきらめない教育」を大切にしています。どんな生徒にも可能性があると信じ、あきらめない、見捨てない。実際にこの「あきらめない教育」が生徒にも響いていて、例えば小学校から高校まで不登校だった子が三幸学園で保育士資格を取得し、就職まで実現できました。入学当初はとても暗い表情でしたが、教員みんなであきらめずに声をかけていたら、夢を叶えられたんです。こんな生徒が三幸学園にはたくさんいます。

中には、これまでの学校にいい思い出がなかったり、学校に通うことに慣れてなかったりする生徒もいます。そのためコミュニケーションを図るのが難しいこともありますが、たとえ何回裏切られようとも、あきらめずに声をかけ続ければ、必ず生徒は変わってくれる。

その結果、資格が取れたとか、人生で初めてこんなに勉強したとか、そういう声を聞くと、あきらめないでよかったと心から思います。生徒一人ひとりに必ず力があるはずなので、その力を開花できるかできないかは教員次第。私たちが情熱をもって接すれば、生徒たちに火をつけることができると信じています。

教育にも情熱にも自信あり。そう言い切れるのが三幸学園。

このように教育や情熱に自信があると言い切れるのが、三幸学園です。ぜひそれを肌で感じていただきたいので、オープンキャンパスや学校見学にいらしてみてください。特に学校見学でしたら授業のある平日はいつでもかまいませんし、普段の学生生活や飾らないリアルな姿が見られると思います。

また三幸学園の「あきらめない教育」は、その中身さえお伝えできれば、どなたにも共感していただけるはずです。より多くの方に三幸学園スピリッツや教育理念を知っていただき、1人でも多くの生徒たちの夢を実現へと導くお手伝いをしたいと考えています。