三幸学園の取り組み

三幸学園と株式会社生産者直売のれん会が、「食による地域活性化」プログラムの導入で提携

三幸学園と株式会社生産者直売のれん会が、「食による地域活性化」プログラムの導入で提携

三幸学園の辻学園調理・製菓専門学校、辻学園栄養専門学校が、株式会社生産者直売のれん会と、「食による地域活性化」プログラムの導入で提携を結ぶことになりました。

本校の生徒たちが、与えられた食の課題を、自ら企画開発した商品で解決を目指します。

このプログラムは、辻学園で調理・製菓・栄養を学ぶ生徒達に、株式会社生産者直売のれん会のクライアントである地方自治体、地域団体、企業などが抱える食に関する課題を与え、商品企画から商品化、販売支援までを株式会社生産者直売のれん会に全面的にサポートしていただき、実施するというものです!

生徒たちにとっては、色々な関わる人々とコミュニケーションをとり、実際に食品を商品化し販売をするという経験を通して、社会に出た際に必要となる能力を養っていくという実践型の教育プログラムです。

また、この連携によって、辻学園調理・製菓専門学校、辻学園栄養専門学校が専門学校で初めて、「食の6次産業化プロデューサー」認定事業を実施している一般社団法人食農共創プロデューサーズより、「食の6次産業化プロデューサー」養成機関として認定を受けました。 今回の認定により、辻学園調理・製菓専門学校と辻学園栄養専門学校では、生徒が指定のプログラムを受講することで、「食プロ」レベル2の資格取得が可能となりました。

生徒たちが考えた商品のうち学内コンペを経た優秀なアイデアは実際に商品化し販売する予定です。生徒たちが実践力を身につけながら、農林漁業振興の手段の1つである食の6次産業化を通した生産者の所得増加、地域活性化に貢献していきたいと思います。

関連インタビュー

株式会社 生産者直売のれん会 代表取締役社長 黒川健太 氏 / 商品企画室 室長 森譲 氏

株式会社 生産者直売のれん会 代表取締役社長 黒川健太 氏 / 商品企画室 室長 森譲 氏
生産者直売のれん会では、大阪の辻学園の新カリキュラム「食の6次産業化プロデューサー養成講座」のコーディネートを行っています。