学校長より|学校紹介|千葉ビューティーアート専門学校

学校長より

千葉ビューティーアート専門学校とは

平成21年、三幸学園の美容系学校としては8番目の学校として千葉市に開校します。

エステティシャン、メイクアップアーティスト、ネイルアーティスト、ブライダルプランナーなどを育成しています。

授業は、実技中心の実践的な内容です。最新設備のそろった実習室を使用して、思う存分技術を磨く事が出来ます。

また、三幸学園の売りは、生徒1人当りの資格取得数と就職率が高い所です。

資格取得数は、1人当り3~4つ、就職率は毎年90%以上の実績を残しています。(姉妹校実績)

この実績を支えているのは、入学から就職まで、一貫して1人の担任が指導するオリジナル教育システムです。この他にも、プロフェッショナル業界の最先端の知識が豊富な講師陣と、熱い担任スタッフによる1人、1人を大切にする親身な指導も魅力です。

資格取得や就職に向けての学習以外にも校内サロンや校内ビューティーショーなど、学生生活を満喫できる行事がいっぱいの楽しく学べて、しっかり就職できる学校を目指します。

教育理念 『技能と心の調和』

三幸学園は、昭和60年の開校以来20年にわたり
『技能と心の調和』を教育理念に掲げ、教育を展開してまいりました。

ここでは、社会への有益な職業人を数多く輩出することを目標に、"有益な職業人とは、専門的知識・専門的技術を十分持ちながら、常に変遷する社会に対し柔軟に対応するため日々研究・研鑽を続け、職業人としての使命感をしっかり確立した人物"と定義し、心豊かな人間性を育む教育に注力しております。

本校においても『技能と心の調和』を教育の理念とし、単に知識や技術を研究するに留まらず、人間性を高める教育を併せて展開することにより、真に社会に役立つ人材を輩出することができると考えております。

技能と心の調和を教育理念に
強くたくましい人材の育成をめざします。

写真:千葉ビューティーアート専門学校 校長 萩原 知子
千葉ビューティーアート専門学校 校長 萩原 知子

少子高齢社会・社会のニーズの多様化が進んでいる現在、個々に対して満足のいくサービスを提供出来る人材が求められております。
そのような中で、千葉ビューティーアート専門学校は、平成20年に設立し、千葉県知事認可の専修学校としてスタートします。
本校の教育理念である「技能と心の調和」を原点に教育を行なって参ります。専門知識の習得や資格取得はもちろんですが、相手に対する思いやりやマナー、礼儀といった心の教育を重点的におき、社会に貢献出来る人材育成を行なって参ります。また、授業においては、現場で実際に活躍されている講師の指導のもと、専門的知識・技術を習得し、同時に担任による就職指導を行なう事により、卒業時に社会人として羽ばたけるよう取り組んで参ります。
より良い学校生活を送り、また卒業後に「本校で学べて良かった」と思って頂けるよう今後も教育を行なって参りたいと思っております。

ページトップへ